円山応挙の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により円山応挙の作品であれば買取に自信がございます!

円山応挙の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

円山応挙絵画

円山応挙(マルヤマオウキョ) 1733年-1795年


円山応挙は江戸時代中期から後期にかけての絵師で、『円山派』の祖でもあります。
写生を重視した応挙の作品は、その親しみやすさが特色となっています。
また、様々な諸説がありますが、「足のない幽霊」を描き始めた画家は応挙ではないかとも言われています。


応挙は丹波国桑田郡穴太村(現:京都府亀岡市)の農家に次男として誕生しました。 少年時代の事は詳しく残っていない応挙ですが、遅くても10代後半の頃には京へを出て鶴沢葉の画家である石田幽汀の門に入っているとされています。


修行期である20代の頃には「眼鏡絵」(浮世絵の一種。45度に傾けた鏡に映した絵をレンズを通して覗いて見る。風景画の一種で原画は絵や文字が左右反転になってるのが特徴)の制作に携わっていたと知られています。この時、応挙は尾張屋中島勘兵衛という玩具商に努めており、そこで見たオランダ渡来の眼鏡絵を見て京都風景の眼鏡絵を制作しました。この時描いたのが『賀茂競馬図』『四条河原遊涼図』『三十三間堂図』『石山寺図』などです。


冒頭でも述べた通り、応挙の作品の特色として第一に上げるのがその写実性。
数多居る日本画家の中でも応挙の作品は際立って「写生」を重視しているのが見受けられます。祐常著『萬誌』によると、応挙は常日頃から懐に写生帖を忍ばせ、暇を見つけてはスケッチをしていたそうです。現存する『花鳥写生図巻』には昆虫や植物が様々な角度からフォーカスされ、客観的に描写されています。
こうした応挙の作品の数々は基礎を大切にし、繊細なところは繊細に、大胆に見せるとこは大胆に描き出すといった画面構成がされ、応挙画は三井家をはじめとする富裕層に大変好まれました。


【円山応挙・代表作】

  • 『大乗寺障壁画』
  • 『朝顔狗子図杉戸』
  • 『雪松図屏風』
  • 『七難七福図巻』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る