松本楓湖の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により松本楓湖の作品であれば買取に自信がございます!

松本楓湖の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

松本楓湖絵画

松本楓湖(マツモトフウコ) 1840年-1923年


松本楓湖は幕末から大正にかけて活躍した日本画家。


楓湖(本名:松本敬忠)は常陸国河内郡寺内村(現在の茨城県稲敷市寺)にて松本宗庵の三男として誕生しました。
父である宗庵は漢方医を営んでおり、漢学の知識を持っていた楓湖は近所の小弟にそれを教えていたそうです。


幼い頃より画を楓湖は好み、描写力自体も長けたいたと言います。
人物画を描く際には一般的に右向きが描きやすいとされており、反対側を描く際にはある程度の慣れがいる人が多い中、特に慣れるための練習も要さずに楓湖はどちらも自在に描けたそうです。
楓湖が画の道に進むことを反対していた父・宗庵も楓湖の才を認め画の道に進むことを許し、楓湖が12歳の時に江戸へ連れ、浮世絵師である歌川国貞に弟子入りを求めました。しかしこれは断られ帰国しており、改めて江戸に出た際に鳥取藩の御用絵師であった沖一峨より画を学ぶこととなります。一峨は琳派や狩野派、南蘋派を学んでおり、色彩に富んだ花鳥絵を得意としていた絵師でした。楓湖は一峨より華やかな色彩感覚を身に着けたとされています。


楓湖の画風は容斎の歴史画を継承し、それは次世代への橋渡しをする役目を担っていると評価されましたが、それと同時に容斎に画風が寄っているあまり、そこから脱却できない画家とも言われています。
しかし、容斎の画風を楓湖が墨守したのには理由があり、容斎がそれを望んだためとされています。楓湖自身も恩がある師に報いる努力をしたため、墨守したのではないかとされています。
依頼画は需要が高かった容斎風で画を仕上げる一方、展覧会には独自の色を盛り込み、独自性を出そうとしていた意欲的な面もありました。


【松本楓湖・代表作】

  • 『武田二十四将図』
  • 『天照大神と須佐男命』
  • 『神変大菩薩渡唐之図』
  • 『花籠と幽霊』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る