今尾景年の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により今尾景年の作品であれば買取に自信がございます!

今尾景年の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

今尾景年絵画

今尾景年(イマオケイネン) 1845年-1924年


今尾景年は大正から明治にかけて活躍した日本画家。
景年の画風は色彩の豊かさが特徴的で、花鳥画を得意とした景年は「綺麗濃褥」と謳われたと言います。


京都の衣棚通にて父・今尾猪助の三男として誕生しました。
今尾の家は代々「伊勢屋」の屋号を持っており、呉服店出入りの友禅悉皆業(着物のことは全て引き受ける職人業)でした。景年は11歳の年に浮世絵師である梅川東居の元へ弟子入りします。東居は門人でもあり、浮世絵だけでなく、銅版画の技術も持ち合わせていたといわれています。
その3年後になる安政5年では、東居のはからいにより鈴木派の祖である鈴木百年の元に入門。鈴木百年の年と父の敬愛する松村景文(絵師)の景を合わせ、「景年」の号を名乗りました。
禁門の変により。生家は焼失してしまうなど、明治初期は日本画にとって不遇の年ではありましたが、景年にとっては寧ろそれが刺激となり、懸命に絵に向き合って研究に熱中するきっかけともなりました。
そんな景年は生活のため友禅の下絵を担当して描きつつ家塾を開き、実績を積み上げていきました。


明治8年には博覧会で洋画家である宗立と共に受賞し、それから2年後の同博覧会でも景年は「牧童図」という作品で銀賞という実績を収めます。景年はこの頃かた花鳥図を描き始め、「花鳥画譜」の制作を志すようになり始めます。
博物学者の山本章夫から直接生物について指導を受け、生物学的な目線からも勉強し、精密な写生の熱心に取り組んでいきました。そんな景年の努力の甲斐もあり、明治24年に発刊された「景年花鳥画譜」は景年芸術の真髄とまで言われました。


【今尾景年・代表作】

  • 『蕉陰双鶏図』
  • 『春園双孔雀図』
  • 『耶馬溪図』
  • 『白桃鸚可図・牡丹小禽図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る