田崎草雲の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により田崎草雲の作品であれば買取に自信がございます!

田崎草雲の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

田崎草雲絵画

田崎草雲(タザキソウウン) 1815年-1898年


田崎草雲は文化から明治にかけて活躍した日本南画画家。
司馬遼太郎の短編小説である「喧嘩草雲」のモデルともなった人物です。


草雲は江戸の小川町(現在の千代田区)にて足利藩田崎恒蔵の長男として誕生しました。
幼少の頃より絵の才能に秀でていた草雲は身内でもあった金井烏洲、それに次いで谷文晁(両者とも江戸時代後期の画家)の門下となります。さらに天保6年には家督を継母の連れ子に譲るために草雲は足利藩を脱藩し放浪することとなります。その後江戸の加藤梅翁の門下となって号を「梅渓」としたとされています。


天保14年の頃になると草雲は独立し、浅草にある山谷堀(かつて東京にあった水路)の裏店に家を借りるも絵がまったく売れずじまいとなってしまいます。草雲はこの頃に南栄の水山画に傾倒し、研究を重ねるようになり始めました。この辺りの草雲の前半生においては南画の師である谷文晁や先輩であった渡辺崋山(江戸時代後期の武士であり画家)の死後、書画会における草雲の評価は低かったとされています。
草雲は師であった文晁を畏敬してはいたものの、作風事態を真似ることを自体を恐れ、さらには画壇との風潮が合わなかった様が伺えます。南画の技術革新も進むことがなかったのも相まって不遇時代が続き、それが草雲の画の道を阻む要因となりました。
しかし、その不遇な時代にも負けず、写実のために本草学を学ぶ姿勢が見られており、いかに草雲が画に対してプロとして意識が高かったかを伺うことができます。
凧の絵や浮世絵を描いて世渡する傍ら、本分に置いては自分の医師を消して曲げず、江戸っ子としての「意地」を持ち続けた結果草雲は大成したといわれています。



【田崎草雲・代表作】

  • 『白石山房即目富士図』
  • 『一棹揺山』
  • 『夏山過雨』
  • 『白華朱楼図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る