中村岳陵の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により中村岳陵の作品であれば買取に自信がございます!

中村岳陵の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

中村岳陵

中村岳陵(ナカムラガクリョウ) 1890年-1969年


中村岳陵は明治から昭和にかけて活躍した日本画家。


岳陵(本名:中村恒吉)は静岡県の下田市にて、中村筆助・俊夫妻の九人兄姉の末弟、三男として誕生しました。
地元を離れ上京し、実姉であるコウの嫁ぎ先だった医家に寄宿しながら上京先の学校に入学。
明治35年には田孤邨(琳派の絵師)門下の野沢堤雨の元に入門し、琳派を学びました。しかし慣れぬ土地での暮らしのせいか脚気を患ってしまい、一時帰郷を余儀なくされてしまいます。
次いで明治37年からは土佐派であった川辺御楯(幕末から明治にかけて活躍した日本画家)を師とし、それと同じ年に日本美術協会展にて「名和長年船上山に登るの図」が見事入選し、画壇へのデビューを果たします。
その翌年には師である御楯の別号「花陵」から一字譲り受け、「岳陵」の画号を名乗るようになります。しかし、その同年に御楯は死去してしまい、師の高弟の元で玄関番として修業する日々を送るも長くは続けることができず、再び姉の嫁ぎ先に身を寄せる事となります。


明治41年には東京美術学校の日本画科に入学し、寺崎広業や結城素明から画を学び、さらに岳陵は近代日本画壇の巨匠としても有名な横山大観より能力を認められ、厚く待遇されました。
こうした一方で紅児会(大和絵系の研究団体)に入会。それまで専ら土佐派の画風を踏襲した画を描いていた岳陵でしたが、西欧絵画に触れるきっかけとなり、イギリスの画家であるジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(神話などをモチーフにすることで有名な画家)の影響が濃く出ている「水神」が生み出されることとなりました。
また巽画会にも作品を出品し、明治44年の同会展では「空海」が一等となり賞を得ました。



【中村岳陵・代表作】

  • 『気球揚る』
  • 『清香』
  • 『残照』
  • 『豊幡雲』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る