骨董品・美術品買取専門店【日晃堂】は骨董品であれば、価値を目利きしどのような状態でも高価買取いたします!



      2017/08/04

今回お買取した刀剣をご紹介したいと思います。
無銘 平高田 脇差
こちらは日本美術刀剣保存協会の認定書付きの一振です。グレードは貴重刀剣になります。

豊後は備前、美濃と同じ刀剣王国でこの刀が作られた室町時代までは平高田と呼ばれ、安土桃山時代以降は藤原高田と呼ばれています。
刀剣買取の日晃堂ではどんな刀剣も一振一振丁寧に鑑定、査定させていただきます。

日本刀・刀剣の買取、鑑定は日晃堂にお任せ下さい。
そしてもう一振!
有銘の刀をお買取
銘は直胤(花押)、長さは二尺一寸一分五厘、直胤は新々刀期の刀工で刀身が美しい一振です。

脇差、刀、太刀などに日本刀、刀剣買取できたら是非、日晃堂にお任せ下さい。
鍔、太刀拵え、などの刀装具もお買取いたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 - / / / / / / /

刀剣買取なら、
その価値を丁寧に査定

日本刀は100万円超える価値も多く、芸術品としても価値は高くなります。刀剣であれば刀、太刀、槍、薙刀、軍刀太刀、拵えなど品物を問わず、お持ちの刀剣を目利き致します。日晃堂の刀剣買取は全国対応、出張査定も無料ですので、ぜひご利用下さい。

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)

記事カテゴリー

トップへ戻る