【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

茶道具、掛軸、刀剣、絵画など骨董品に関する情報をご紹介いたします。骨董品買取のプロだからこそ知っている情報などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

TOP

   

本日は京都のお客様より脇差をお買取しました!
日刀保の保存鑑定書付きの銘:備州長船盛光脇差です。
脇差とは刀と同じく腰に指しますが刃渡り一尺(30cm)以上二尺(60cm)未満の日本刀を指します。
ちょうど刀、太刀と短刀の間の長さになりますね。
江戸時代に多く作られたと言われています。

長船盛光は「応永備前」と称され、康光と並び高く評価される室町時代の名工です。
地鉄の美の高さでは最高峰と謳われる応永備前の脇差。
刃文は互の目丁子乱れ、素晴らしい脇差ですね。

日晃堂のHPをご覧になりお問合せいただきました。
ご自宅で眠ったままになっている脇差はございませんか?
日晃堂では骨董品、刀剣買取専門店ならでは脇差買取ならどこよりも高く買取る自信がございます。

先祖代々受け継がれてきた脇差、ご自身でご購入された脇差、譲り受けたものなど様々あるかと思いますがぜひお売り下さい。
ご売却の際には銃砲刀剣類登録証が必要になってきます。
登録申請の方法などもお気軽にお問合せ下さい。

記事カテゴリー