【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

茶道具、掛軸、刀剣、絵画など骨董品に関する情報をご紹介いたします。骨董品買取のプロだからこそ知っている情報などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

TOP

   

「表千家」と「裏千家」の違いとは?
「表千家」と「裏千家」の違いとは?

茶道の流派として最も有名といっても過言ではない、「表千家」と「裏千家」。

共に千利休を祖とする流派ですが、「表千家と裏千家は何が違うの?」という疑問を持った、茶道初心者の方も多くいらっしゃいます。そこで、今回の日晃堂コラムでは「表千家と裏千家の違い」に関してお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください。

【表千家】と【裏千家】の違い

茶道を嗜んでいると、「表千家」や「裏千家」といった言葉を聞いたことはありませんか…?

「同じ千家なのに、”表”と”裏”で一体何が違うのだろう」という風に、疑問に感じている方もいらっしゃると思います。そもそも、茶道初心者の方からすると、「表千家」と「裏千家」のことも、よくわからないのではないでしょうか。

そこで、まずは「表千家と裏千家の概要」をお伝えした後に、「表千家と裏千家の違い」に関して、お伝えさせていただきます。

表千家とは

表千家とは、茶道流派の一つのことです。日本でお茶を広めたことで有名な「千利休」を祖とする、千家流茶道の「本家」です。

千家の三代目で、千利休の孫にあたる「宗旦」には、4人の子どもがいました。この4人のうち長男以外の3人が茶道を志しますが、宗旦の三男である「江岑宗左(こうしんそうさ)」が千家を最初に継いだのが「表千家」です。

表千家を代表する「不審菴(ふしんあん)」と呼ばれる茶室がありますが、江岑宗左はこの不審庵を継ぎ、千家流茶道の本家として表千家を確立させました。また、紀州徳川の茶頭(茶の師匠)を務めていたことでも有名です。

裏千家とは

裏千家とは、表千家と同じく茶道流派の一つのことです。

千利休の孫である宗旦が「不審菴」を江岑宗左に譲り、隠居生活を送るために建てたのが「今日庵(こんにちあん)」と呼ばれる有名な茶室です。宗旦の死後にこの「今日庵」を継いだのが、宗旦の四男である「仙叟宗室(せんそうそうしつ)」です。

今日庵は「本家の象徴」である不審庵の裏手にあったため、”裏千家”と呼ばれています。そんな裏千家に対し、表側にある本家は”表千家”と呼ばれるになりました。

一番の違いは「作法」

茶道は表千家・裏千家だけでなく、他の流派も存在します。例えば、”武者小路千家(むしゃのこうじせんけ)”と呼ばれる流派は、宗旦の次男「一翁宗守(いちおうそうしゅ)」が 茶道を志したもので、「官休庵(かんきゅうあん)」と呼ばれる茶室が有名ですね。表千家と裏千家、そして武者小路千家を含めて「三千家」と言いますが、茶道はこの三千家が主流です。

茶道で主流の流派とあり、「表千家と裏千家の違い」は茶道初心者にとって気になる方も多いと思います。
結論から先に言うと、両派の違いは「作法」となります。例えばお茶を点てる時に、「表千家は主に薄茶で泡は立てないが、裏千家は主に濃茶で泡を立てる」といった具合です。このように、流派が違うので作法も違うわけですが、実際にその違いを細かく挙げていくとキリがありません。

表千家は「千家の本家」ということもあり、千利休のお点前を守り、わびさびや伝統を重視する流派です。いっぽうで、裏千家はその時代に合わせたお点前を積極的に取り入れています。そのため、茶道具に関しても表千家よりも裏千家の方が種類が多く、華やかさがある流派として知られています。茶道を嗜む人数に関しては裏千家の方が圧倒的に多く、茶道教室などでよく見かけるのは裏千家となります。そのような背景もありますので、裏千家の方が茶道を始めやすい環境にあると言えますね。

まとめ

今回は茶道初心者の方が疑問に感じることが多い、「表千家と裏千家の違い」についてご紹介させていただきました。

共に千家発展のために協力しあう関係ですが、そもそも流派が違います。流派が違えば、お点前に対する考え方、お茶のたて方、お茶碗の回し方など細かい部分も当然変わってきます。
ご存知のようにお茶は色々と奥が深い世界ですので、表千家と裏千家のそういった小さな違いを、ひとつひとつご説明するのは非常に難しいと言えます。

わかりやすい違いがあるとすれば、それは流派の数です。伝統を最重視し千家の本家としての繋がりや在り方に徹した表千家より、学校教育や婦女教育へ茶道を取り入れるなど、時代に合わせて柔軟に対応した裏千家の方が、茶道界では数を圧倒しています。つまり、茶道の最大人口数を誇るのが裏千家というわけです。
昔ながらの伝統を重んじる表千家、大衆に親しまれる裏千家。そのように覚えておくと、茶道初心者の方も親しみやすくなるかもしれませんね。

日晃堂では、表千家、裏千家、武者小路千家といった三千家の有名な茶人が作った茶杓など、茶道具の買取に力を入れております。
遺品整理や蔵整理の際に出てきた、「大量の茶道具を売りたい」というご依頼も大歓迎です。

茶道具に限らず、古い道具や骨董品の取り扱いにお困りでしたら、日晃堂までご相談ください。
大量の骨董品があった場合でも、無料で出張査定にお伺いします。また、ご訪問前の掃除や整理なども一切不要なので、ご自宅でお待ちいただくだけで、楽々と骨董品買取サービスをご利用いただけます。

経験豊富な査定員がご自宅までお伺いしますので、まずはお気軽に日晃堂までお問い合わせください。

記事カテゴリー