【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

茶道具、掛軸、刀剣、絵画など骨董品に関する情報をご紹介いたします。骨董品買取のプロだからこそ知っている情報などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

TOP

      2022/01/19

【仏像処分】仏像の処分方法って実はかんたん?処分の仕方をご紹介

【仏像処分】仏像の処分方法って実はかんたん?処分の仕方をご紹介

故人の遺品や引っ越しなどで物を処分される際、「仏像の処分方法がわからない」とお悩みになったり、「仏像って売れないの?」とお考えになる場合もあるのではないでしょうか。

結論から先に言うと、魂抜きを行えば仏像を粗大ゴミに出すなどの方法で処分することは可能ですし、骨董品価値のある仏像であれば、買取業者に高く売ることも可能です。

今回の日晃堂コラムでは【仏像の処分方法】に関して解説いたします。ぜひ、最後までご覧ください。

仏像とは?

そもそも、仏像とは何か?について、まず解説します。

仏像(ぶつぞう)とは、仏教の信仰対象である「仏の姿」を表現した像のことです。
仏教が誕生したばかりの頃は、偶像崇拝の禁止の影響もあり、仏像は造られませんでした。
しかし、時代と共に信仰の対象として仏像が造られるようになり、現在に至るまで多種多様な仏像が存在しているのは、皆さまもご存知の通りです。

安置される場所に合わせて、大小さまざなサイズの仏像が造られています。
また、金属製・石造・木造・塑造・乾漆造など、仏像の材質も豊富であるのが特徴です。

「仏」の本来の意味は「目覚めた者」で、「悟りを開いた者」や「真理に目覚めた者」という意味があります。
初期の仏教において「仏」とは、仏教の開祖である「ガウタマ・シッダールタ(釈迦)」を指しましたが、仏教の発展と共に「弥勒仏」「阿弥陀如来」など、バラエティに富んだ仏の像が造られるようになりました。

「仏」の像である「仏像」は、本来は「釈迦如来」や「阿弥陀如来」などの如来像を指しますが、一般的には「祖師像」「菩薩像」「天部像」「明王像」など、仏教関連の像全般を総称して「仏像」と呼んでいます。

仏像の処分方法について

ここからは本題である「仏像の処分方法」に関する基礎知識についてご紹介いたします。
遺品整理や引っ越しなどで仏像を処分する必要がある場合、魂抜きをしてから粗大ゴミとして廃棄する・お焚き上げをする・買取業者に売る、という方法が挙げられます。

粗大ゴミとして廃棄処分する

仏像は作られる際に作り手の仏師によって「魂を入れる」という考え方があります。
これは仏壇やお墓などにも言えることですが、魂が宿っている状態のままで捨てたりするのは、一般的に禁忌とされています。宗派によって考え方や儀式の違いはありますが、魂が宿っている仏像を処分する際は「魂抜き」という儀式が必要です。

魂抜きは「お性根抜き」や「閉眼供養」とも言われていますが、そうして供養の済んだ仏像であれば、粗大ゴミとして捨てることが可能となります。燃える素材・燃えない素材など、仏像の素材や大きさなどによって捨て方も変わりますので、必ず捨てる前にお住まいの自治体に詳細を確認し、適切な方法で処分しましょう。

仏像をお焚き上げして焼却処分する

魂抜きを済ませた仏像は上述したように、魂が抜けた単なる像であるため、ゴミとして廃棄することは特に問題ありません。しかし、仏像をそのままゴミとして捨てることについては、抵抗がある方も少なくないでしょう。

そのような場合はお寺などに依頼し、「お焚き上げ」と呼ばれる焼却処分をすることも可能です。
お寺の檀家でなければお焚き上げを依頼できない場合、葬儀社や仏具販売店などに相談することで問題解決する場合があります。まずは、日頃からお付き合いのあるお寺に話を聞いてみるとよいでしょう。

買取業者に依頼する

仏像を処分する他の方法として、仏像買取を行なっている買取業者に「仏像を売る」という選択肢もあります。
専門の買取業者を利用される際は、フリマアプリやネットオークションのようにご自身で出品作業を行う必要はありませんので、知識がない人でも安心して利用することが可能です。

骨董品として価値があるものに限りますが、処分するつもりだった仏像が高値で売れる可能性があります。
無料で査定を行なっていたり、買取方法が豊富で状況によって選べるなど、買取業者に依頼するハードルはそれほど高くはありません。

まとめ

今回は【仏像の処分方法】に関する基礎知識について解説させていただきました。
「仏像」とひとくちに言っても、素材や種類、大きさなどによって処分の仕方や買取価値も変わってきます。
また、例え小さなものであったとしても、仏師あるいは僧侶によって魂を入られている仏像を手放す際は、魂抜きを忘れないようにしてください。

だだし、お土産などで販売されているような仏像に魂入れはされていませんので、当然ながら処分される際の魂抜きは不要です。どんな目的でどんな場所で購入された仏像かにもよりますので、魂抜きや処分方法に関して迷うことがあれば、まずは菩提寺(ぼだいじ)や仏壇仏具店などに相談されることをお勧めします。

「仏像を買取に出したい」とお考えであれば、ぜひ日晃堂にお任せください。
骨董品として価値の高い仏像は高価買取させていただきます。
仏像は作家の贋作や複製品も多いジャンルのため、偽物を買い取ってしまうリスクを恐れて、買取価格を低めに設定する仏像買取業者も少なくありません。骨董品の買取に強みのある日晃堂は、正確な目利きに自信がありますので、仏像の価値に見合った適正価格でお買取りさせていただきます。

仏像の買取査定にあたり、査定料や出張料などは一切いただきません。
査定に関する費用はすべて無料です。
仏像買取のことなら、お気軽に日晃堂までご相談ください。

記事カテゴリー