ガレ買取なら西洋アンティーク買取の買取実績が豊富な日晃堂にお任せ下さい
花瓶・ランプ・壺・陶器・テーブルなど、エミール・ガレの作品を買取いたします。

TOP

ガレ買取

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

日晃堂はエミール・ガレに力を入れています

買取に力を入れています

シャルル・マルタン・エミール・ガレ(Charles Martin E'mile Galle')は、19世紀のフランスを代表するアール・ヌーボーの天才ガラス工芸家です。
ガレは1878年のパリ万国博覧会において、月光色ガラスという酸化コバルトによって深い藍色をしたガラスを出品した事で一躍有名になりました。
自然の中で育ったガレは自然への愛情が深く、それを投影した草花や虫をモチーフとしたガラス製品たちは、今も多くの人の心を掴んで離しません。

日晃堂では、西洋アンティークを専門にした鑑定士がエミール・ガレの作品を、正しく査定・買取致します。花瓶・ランプ・壺・陶器・テーブルなど、種類は問いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

買取の流れや詳細を知りたいお客様はこちらをご覧ください!

日晃堂でお買取したエミール・ガレを一部ご紹介いたします!

  • ヴエミール・ガレ ランプシェード

    出張買取

    ヴエミール・ガレ ランプシェード

    山口県美祢市 40代女性

    エミール・ガレのランプをお買取しました。ガレの作品と言えば、こちらのランプや北澤美術館にある「ひとよ茸ランプ」ような、キノコをモチーフにしたガラスのランプシェードを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。自然をこよなく愛したガラス工芸の天才ガレは、草木や昆虫、キノコなどをモチーフにした作品を多く残しました。ガレの花瓶やランプなどのガラス製品の買取なら日晃堂にお任せ下さい。

  • エミール・ガレ 硝子浮彫花文小花瓶

    出張買取

    エミール・ガレ 硝子浮彫花文小花瓶

    岡山県倉敷市 30代女性

    ガレの花瓶のお買取です。花瓶もランプと同じくガレを代表する作品。被せガラスと酸化腐蝕彫りが施されているので、作られてから数十年の月日を重ねた現在でもその美しさは変わりませんね。経年に伴う微細なスレはございますが、目を凝らさなければわからない程度で、傷や欠けなどのない美品でしたので、かなりの高額買取となりました。

  • エミール・ガレ クレマチス紋花瓶

    出張買取

    エミール・ガレ クレマチス紋花瓶

    兵庫県篠山市 40代男性

    こちらもガレの花瓶。モチーフはクレマチスです。自然への強い愛着を持っていたガレがその手で作った作品だからこそ、そこに描かれる花の紋様に自然の尊さ、生命の美しさを感じられるのでしょうか。ガレには弟子がいなかった為、ガレの残した作品は数が限られています。その為、買取市場でのガレは常に高額で取引されています。エミールガレの鑑定・買取ならば、専門鑑定士のいる日晃堂の無料査定をご利用下さい。

→
←

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ
下記のエミール・ガレの作品を例に
査定ポイントをご紹介します
マイセン

査定するエミール・ガレの作品

作品名:トンボと水辺の花

種類:ランプ・一輪挿し

付属品:なし

商品の状態:多少の傷、汚れ等あり

査定ポイント1.

サイン、文様、技法、サイズなどの確認

マイセン

作品の側面や裏面に刻印されているサイン、模様(モチーフ)や使用されている技法などを拝見し、真贋の確認や制作された年代の確認をさせていただきます。
エミールガレには年代によって「ガレ自身が制作した作品」「第一、二、三期ガレ工房の作品」「ガレ風のガラス工芸品」といったものが存在しており、また同じ年代に制作された作品でも、使用されている技法や文様の細かさ、色彩表現や大きさなどによって、価値は大きく変動いたします。
日晃堂では、経験豊富な査定士が、しっかりと作品を拝見し、正確な価値をお客様にお伝えさせていただきます。

査定ポイント2.

作品の状態を確認

マイセン

傷や汚れなど作品の状態を確認させていただきます。 やはり、状態の良い作品ほど買取価格は高額になりますが、年代の古いガレ作品などは、傷や汚れのある作品でも問題なくお買取させていただく場合もございます。

状態不良の作品でも、ガレ本人の作品などであれば予想以上の買取価格になる場合もございますので、処分される前に、まずは査定のご依頼をしていただくことをおススメいたします。

お客様の声

  • エミール・ガレ 黒色ガラス 花文小壷
    壺|出張買取|愛知県犬山市 50代男性

    先日は出張買取に来てくださりありがとうございました。仕事柄ほとんど家にいることができないので、こちらの時間に合せて訪問して頂けて助かりました。買取金額も、他所でメール査定した金額と全然違って大満足です。

  • エミール・ガレ 紫小草文茶入 象牙蓋
    茶入|出張買取|岐阜県海津市 60代男性

    目立つ部分に傷が入っておったので、最悪の場合、買取を断られる可能性もあると思っておりましたが、思っていた以上の金額で買取って頂けてありがたい。 鑑定士の方のガレや西洋アンティークに対する造詣も素晴らしく、良いお店に出会えて良かったです。

  • エミール・ガレ 菖蒲文フラコン
    フラコンボトル|出張買取|大阪府大阪市 50代男性

    食器の買取をお願いしたのに、インテリアとして置いてあったガラスのボトルまで買取って下さってありがとうございました。しかも、有名な作家さんの物だったみたいで、最初にお願いした食器より高く売れたのには驚きました。ありがとうございました。

  • エミール・ガレ 水指
    水指|出張(宅配)買取|神奈川県川崎市 50代男性

    他のサイトで日晃堂さんの評判が良かったので利用させていただきました。買取店の利用は今回が初めてでしたので少し不安もありましたが、電話対応の方が丁寧にわかりやすく教えて下さったおかげで、困ることなく売ることができました。ありがとうございました。

エミール・ガレについて

ガレの歴史

誰もが一度は聞いたことがあるくらい有名なエミール・ガレはファイアンス焼と家具の工場の息子として誕生したシャルル・マンタン・エミール・ガレによって手掛けられたものです。
フランスロレーヌ地方ナンシーにて生まれたガレはナンシー高等中学校に入学後、植物学や哲学、文学など様々な科目において優秀な成績を修め、卒業後ドイツにあるヴィマイルに留学、そこではドイツ語とデザインについて学びました。1877年には父が経営してた工場の管理責任者になります。
それと同時にパリ博覧会に独自で開発した月光色ガラスなどを出店し銅賞を受賞するなど今のエミール・ガレの第一歩を歩み始めました。

ガレの自然と象徴主義

ガレは自然と象徴主義だったことで知られています。
自然に対して自然主義的にアプローチをしていくことにガレは重点を置くようになっていきました。懐古趣味的だった題材から変更し、「生命感のある」芸術の探索を強く求めていきました。

ガレと日本美術の出会い

1878年、パリ博覧会に作品を出品したガレはガラス器部門で銅賞を受賞しましたが、その中に葛飾北斎の絵をモチーフにした作品も出品されていました。
それまでガレにとっては日本の美術は未熟なものであり、中国の影響を受けていると考えがありましたが、北斎の存在によりその考えは変わりました。
さらに、日本の美術について世界のどんな国の装飾美術にも通用するとも言っていたそうです。北斎に共感を覚えたガレは笹に雀、梅に鴬のようなモチーフを自分の作品に積極的に取り込んでいき、名声を築き上げていきました。

詩人のガレ

私たちは詩というものを目にする機会があります。それにどこか居心地のよさを覚えるのはなぜでしょうか。それは詩人の詩がどこか懐かしく、共感を覚えるからではないでしょうか。
ガレの作品はそういったどこか懐かしさを彷彿とさせる故郷の景色がガラスというキャンバスに見事なまでに描かれています。そのため、多くの人がガレのガラス作品に心を奪われました。
それはガレが植物学や動物学を好んでいたからこそできた事かもしれません。草の揺らめきや虫の羽搏きなどガレは動植物に愛情と興味を抱き、それをガラスで表現していきました。

最期までガラスの傍にいたガレ

少数による限定品や大量生産に向いた商品など、ガレはガラス工業において様々な貢献をしました。
製品のコストダウンなどにも挑戦し、ガレの名を冠して芸術品としてのガラスは人々の生活に潤いを与える生活品へと普及させていったのです。
しかし才に溢れるガレに日常はめまぐるしく、意に反してガレの身体は白血病に蝕まれていってしまいます。ですが、ガレは白血病で倒れる直前までガラス芸術の発展へ貢献し、同郷の工業活動への配慮も徹底しました。

エミール・ガレの
代表的な技法や特徴
エッチング(参加腐食彫り)

エミール・ガレの作品でよく目にするのがエッチング(酸化腐食彫り)という技法によってつくられたものになります。
文字の通りフッ化水素と硫酸の混合液によってガラスを腐食させることにより模様を彫り描いていくものになります。
ガラスの表面をパラフィンなどの保護膜で覆い、その後模様となる部分の被膜を残して混合液に浸けると、保護していない部分が腐食し文様が出来上がります。
艶のあるガラスの表面をマット調(艶消し)にする場合にも腐食を使い、アシッドとも呼ばれます。

昆虫の美

ガレの作品の中には昆虫などの虫をデザインした作品を見かける事があります。
植物界の表現の発展を遂げていったガレでしたが、動物界における表現も発展していきました。
チョウやトンボの飛翔、蝉が連なる装飾、バッタの輪舞などが使われ、植物だけでなく動物の生命もガレの作品に吹き込まれるようになっていったのです。
「植物がそれ自体で美しいように、その周りで過ごす翅のあるものも独特の魅力がある」と考えました。植物でも見られたアプリカッシオンという技法を使ったガレ特有の作品が多く見られます。

エナメル彩

ガラスに絵付けする際に使う技法のひとつです。
融点の低い色ガラスを砕いて顔料を作り出し、これを油や松脂で練って絵の具のようにし、ガラスの表面に着彩して焼き付けていきます。
焼き付ける事によって顔料のガラスと素地であるガラスが溶けて変色や剥離してしまうのを防ぐことができます。
エナメル顔料には透明顔料や不透明顔料といった種類も多く幅広い表現方法を出すことが可能です。
そのためガレ作品にもエナメル彩は使われており、作品によっては不透明顔料を盛り上げて着彩し、立体的にしているものもあります。

アプリカッシオン

ガレが作るアプリカッシオンの作品はまさにガラスの彫刻とも呼ぶのにふさわしいものです。
アプリカッシオンとはガラスがまだ熱い内にあらかじめ文様の形に準備しておいた色ガラスを溶着し、立体的に作品の装飾を施していく技法です。
徐冷後にはグラヴェール技法によって細部を掘り出していき、写実的に表現することが多いとされています。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

エミール・ガレ買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る