佐伯祐三の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により佐伯祐三の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

佐伯祐三作品買取

佐伯祐三の生涯

佐伯祐三(さえきゆうぞう)は、大正から昭和初期にかけて活動した、日本の洋画家。ただし画家としての活動はわずか6年足らずで、そのほとんどをフランスで過ごしています。 生命をキャンバスに刻み込んだかのような激しいタッチの作風は独自の個性を放っており、短い活動期間ながら今もなお多くのファンを魅了しています。


佐伯は1898年、大阪府西成郡中津村(現・大阪市北区中津2丁目)にある光徳寺に生まれました。 中学校に上がったころから関西美術教育の第一人者である赤松麟作に師事し、19歳で上京して当時大勢の著名な画家を輩出した川端画学校に入学。本格的に画家を志します。


翌年には東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科予備科に入学。 そこで生涯の伴侶となる洋画家・池田米子と出会い学生結婚を経て、卒業した年に妻とともに画家としてさらなる飛躍を求めて渡仏を果たしました。


フランス滞在中はフォーヴィスムの巨匠であるモーリス・ド・ブラマンクの作品に惚れ込んで門下に入るも、自身の作品をアカデミック(伝統的で新しさがない)と酷評されたことがきっかけで大きく作風を転換させることになります。 この転換こそが、のちに激情的とも言われる野性的な独自の作風の誕生となりました。 しかし、作風の転換は簡単ではなく、最初は妻に手伝ってもらって作品を完成させることがほとんどで、「サロン・ドートンヌ」に出品して入選した『靴屋(コルドヌリ)』も妻の加筆修正が入っている作品とされています。


それから一度の帰国を挟んで再度渡仏。 持病の結核の悪化により精神的にも不安定になりつつ、ただひたすらに作品を描き続け、およそ4ヶ月の間に100をも超える数の作品を描き上げました。 しかし、妻の手も借りず満足のいく絵を描けるようになってきたと思った矢先、不幸は訪れます。結核の悪化と精神の病は深刻化し、ついには自殺未遂を引き起こしてしまうまでになります。 そして1928年、精神病院に入院してすぐ、佐伯が30歳になったころに結核と神経衰弱によって息を引き取りました。


佐伯祐三の代表作と作風

代表作は『郵便配達夫』。最晩年、佐伯がほとんど寝たきりの生活を余儀なくされてから描かれた作品です。たまたま家に来た美しいヒゲの配達夫に慌ててモデル依頼を願い出て、許可をもらうと翌日には完成させたというエピソードが残されています。

佐伯が好んだモチーフはパリの街で、ひと気のないこざっぱりした風景を暗い色調で重々しく描く作風が特徴的です。そこには、持病で長くは生きられないという孤独感、精神が不安定な自己への苛立ちのようなものも感じさせます。 しかし一方で、『郵便配達夫』のように荒々しくシリアスな筆致でありながらも、同時にモデルの特徴を鋭く見抜いて絵に反映させる人物画も多数残しています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る