宮永岳彦の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により宮永岳彦の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

宮永岳彦作品買取

宮永岳彦の生涯

宮永岳彦(みやながたけひこ)は、昭和期に活躍した日本の洋画家の一人。美人画を中心とする油絵を創作する一方で、雑誌の挿絵やポスターのデザインなどを担当していた経歴もあります。 また、1946年に設立された大手文具メーカー「ぺんてる」のマスコットキャラクター、「ぺぺ&ルル」の生みの親としても有名です。


そんな宮永は1919年、静岡県磐田郡(現・磐田市)で生まれました。 画家として大成することを志していた彼は1936年、名古屋市立工芸学校を卒業後、松坂屋名古屋本店に務めつつ空いた時間に画家活動を進めます。そして自身が創作した『いもん』で1942年の二科展、1943年の新文展それぞれに初の入選を遂げます。 第二次世界大戦中は表立って画家活動に注力できずにいるものの、国内が落ち着きを取り戻しつつあった1947年には再び画家として始動。二紀会に『鏡』を出品し、見事褒賞を受賞します。 その後も彼は次々と名作を発表しつつ知名度を獲得していき、1972年には二紀会理事、さらに1986年には二紀会の理事長を務めます。 また、1974年には日伯文化協会からの依頼によって『皇太子殿下、同妃殿下御肖像』を描くという大役を任されています。これにより、ブラジル国公認サンフランシスコ最高勲章であるグラン・クルース章が授与されました。


その一方で、ポスターのデザインや雑誌の挿絵を担当しているほか、「ぺんてる」のマスコットキャラクターを手がけたり、小田急電鉄ロマンスカー3000形SEのカラーリングを考案したりといった活動もしています。 日本洋画界の歴史に名を残しつつ、大衆的な人気も獲得しました。 宮永は消化管出血によって1987年に他界しましたが、彼が挙げた功績の数々は現代にも語り継がれています。


宮永岳彦の代表作と作風

絵画には肖像画や風景画、動物画などさまざまな種類がありますが、その中でも宮永が得意としていたのは人物画でした。 特に女性像を中心に手がけており、これは“美しいものをより美しく描く”という彼のコンセプトに基づいています。淡い色調によって描かれた温かみのある作品が多く、いずれも女性ならではのやわらかさや華やかさが見事に表現されています。 宮永の代表作『鹿鳴館』シリーズでも、もちろんこのような特徴が見られます。 シリーズ全体を通してヨーロッパの貴婦人を思わせる女性が描かれており、いずれも花飾りや衣装が鮮やかな色合いで仕上がっています。その一方で、はっきりとした陰影がつけられていることから立体感があり、よりリアルに描写されているのも見どころです。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る