中谷泰の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により中谷泰の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

中谷泰作品買取

中谷泰の生涯

中川一政(なかがわかずまさ)は、昭和を代表する日本の洋画家であり、文筆家としても活躍しました。 その活躍から“文人画家”とも呼ばれ、日本の美術・芸術界の発展に大きく貢献したとして、文化勲章を受賞しています。


そんな中川は1893年、東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)に生まれました。 幼い頃から詩歌や小説を愛する文学少年であり、文芸誌や新聞に作品を投稿しては掲載や表彰されるほどの腕前だったといいます。絵に目覚めたのも愛読していた文芸誌の「白樺」がきっかけで、誌面で見たゴッホやセザンヌの作品に影響を受けて独学で絵を描きはじめました。


人生で初めて絵画作品を描き上げたのは、21歳の頃。 処女作を巽画会展に出品したところ、なんと入賞を飾ります。そして同展で審査員を務めていた岸田劉生(きしだりゅうせい)に見込まれ、ここから中川は画家を志すようになりました。 ただし、当初から独学で優れた作品を発表していた中川は特定の師につくことはありませんでした。生涯を通して独自に画業を追求していくことになります。 また、画家を志しはじめて1年足らずで「草土社」に参加した中川は、同社展示会への参加のほかに二科展などにも積極的に参加。新たにできた画家仲間との交流から刺激を受け、またたく間に一流画家としての階段を駆け上がりました。


とはいえ、中川本人は自身の作風を確立するまでは長く苦闘していたといいます。 ある時は納得がいくまで同じ景色を描き続け、またある時は海外で写生に励み、自然の中から答えを見出そうと奮闘。その結果、型破りで自由な世界観が広がる明快な作風を築くことができました。 画業は70年余りにもおよび、画壇を退いたあとも最晩年まで絵筆を離すことはありませんでした。


中谷泰の代表作と作風

代表作は『箱根・駒ヶ岳』。完成品は100号という超巨大サイズで、この一作以外にも同じ箱根・駒ヶ岳をモチーフとした作品が40点以上残されています。 同モチーフの作品をひと目見れば、中川がこの風景をいかに気に入っていたのかをよく知ることができるでしょう。また、およそ20年にもおよぶ風景・作風の変遷を楽しむことができます。

中川は生涯師を持つことなく、型破りで奔放な筆致と色彩感覚で独自の作風を確立しましたが、その基本にあるのは日本的な奥ゆかしさ。 文学の素養や西洋画以外の技法も駆使し、独特の風味のある作品を手がけています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る