安井曽太郎の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により安井曽太郎の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

安井曽太郎作品買取

安井曽太郎の生涯

安井曽太郎(やすいそうたろう)は大正初期から昭和の半ばにかけて活躍した洋画家であり、特に昭和期の日本洋画界に大きな影響を与える存在となりました。 海外の有名画家からの刺激を糧にしつつ、自己流の画法を構築。これはのちに“安井様式”と呼ばれ、後世の日本画家に影響を与えました。


そんな日本を代表する“天才画家”が生まれたのは、1888年のこと。京都市中京区の木綿問屋で五男として生を受けました。 家業を継がせたい両親の反対を押し切り、1903年、聖護院洋画研究所(現・関西美術院)で浅井忠や鹿子木孟郎といった画家に師事し、絵をイチから学び始めます。 そんな安井は1907年、先輩画家にあたる津田青楓とともにヨーロッパに渡りますが、これが彼の画家人生に大きな影響を与えることになりました。 世界の洋画家たちが描いた名作に触れた安井は驚きつつも、これまで以上に画法の研究に取り組むようになります。 特に彼の画家魂に火をつけたのは、フランスの有名画家ポール・セザンヌでした。セザンヌはこれまでの常識を覆し、独自の絵画様式を築き上げた画家。その型破りかつ柔軟な発想に感化された安井は、研究に研究を重ね、独自のリアリズムを確立させていきました。 本格的に”安井様式”が確立したのは1930年頃。鮮やかな色調で描かれた女性の肖像油絵『婦人像』をはじめ、数々の名作を生み出します。


その後、1936年には有島生馬や山下新太郎たちとともに一水会を結成し、その委員として芸術活動を行っていきます。また、1944年に東京美術学校で教壇に立ち、1946年には彫刻家・長谷秀雄が設立した「蕨画塾」の講師を務めます。 このような長年の功績が称えられて1952年に栄えある文化勲章を受章するも、その3年後、肺炎により67歳でこの世を去りました。


安井曽太郎の代表作と作風

安井はその生涯において、人物画や肖像画、風景画など幅広い分野の絵を描いています。その中でもひときわ得意としていたのが肖像画です。 モデルの生活様式や人となりが伝わってくるほどの高いデッサン力で描かれ、また鮮やかでありながらも激しく主張しすぎない絶妙な色遣いで塗り上げられています。

彼の代表作である『金蓉』にも、そのような特徴が見られます。 上海総領事の令嬢・小田切峰子をモデルにした作品であり、肘掛椅子に腰掛けた美女の姿が描かれています。横目でこちらを見ながら本当に微笑みかけているかのようなリアルさがあり、また頬や口紅の色合いにも一切の不自然さが見られません。 また、あえて斜めから描かれたその構図は当時珍しく、これも安井ならではの画法として話題を呼びました。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る