中畑艸人の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により中畑艸人の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

中畑艸人作品買取

中畑艸人の生涯

中畑艸人(なかはたそうじん)は、昭和前期から平成初期に活動した、日本の洋画家。 疾走感あふれる馬の絵を得意としており、中央競馬会馬事文化賞選考委員も務めた人物です。


そんな中畑は1912年、和歌山県海草郡に生まれました。 18歳頃より独学で水彩画を描きはじめ、同時期に日本水彩画展に出品した作品は入選を果たしています。しかし、絵の腕を高めるために26歳で一念発起して上京し、洋画家の硲伊之助に師事したことを機に、油彩画へと転向しました。


独学で得た描画方法と、硲から教えられた油彩画の技術を組み合わせて独自の画境に到達した中畑は、油彩画を始めてすぐに美術家団体「一水会」に所属して名声を高めていきます。 このとき好んで描いていたのは、繊細な色合いと水彩画のような柔らかな色合いが美しい風景画でした。


しかし、中畑に転機が訪れます。 それは競馬場に足を運んだ時のことで、さっそうとして駆け抜ける競走馬に強く惹かれたのです。ここから馬をモチーフとした絵を描きはじめました。 中畑の探究心は並々ならぬもので、国内馬のみならず、たびたび国外へ足を運んでは馬の生体観察を重ねたといいます。 その甲斐あって、高い写実性を持った躍動感ある仕上がりの絵画を完成させ、一水会をはじめとする公募展で数々の賞を受賞。競馬の本場イギリスの「ホース・アーティスト・オブ・ザ・ワールド」にもその作品は招待されています。 加えて中央競馬会文化賞選考委員を任されるなど、中畑の馬への愛はキャンバスに収めるだけに留まらず、競馬界でもその名を知られるほどになりました。


馬の油彩画で一躍名を轟かせたあとは、繊細な背景描写と類まれなる具象表現を評価され、大阪中央公会堂緞帳原画、那智山青岸渡寺三重塔壁画なども担当。 生前の個展回数も40回を超え、87歳で死去するまで精力的に活動しました。


中畑艸人の代表作と作風

代表作は『雪の牧場』。中畑は馬を描く名手ではありますが、もともと風景画を得意としていたことから背景描写も非常に緻密で繊細。この作品には、馬が雪の積もった地面を蹴り上げている様が描かれており、雪の飛び散り具合や雲間から差す陽の光などから中畑の高い描写力がうかがえます。

中畑の描く馬は今にも動き出しそうなほどの疾走感ある仕上がりで、たてがみ1本1本の動きも細かく表現されています。具象絵を得意とする画家の中でも抜群の描画力があったからこそ実現できた躍動感は、圧巻のひとこと。背景の描き込みも驚くほど細かく、その点もまた馬を魅力的に引き立たせています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る