鳥海青児の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により鳥海青児の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

鳥海青児作品買取

鳥海青児の生涯

鳥海青児(ちょうかいせいじ)は昭和期に活躍した日本の洋画家で、東洋美術の収集家としても著名な人物です。砂を混ぜ込んだ油絵の具を使って独自の質感を生み出し、独立美術協会の一員として当時における新たな日本的油絵の開拓に尽力しました。


鳥海は1902年、神奈川県中郡須馬村須賀(現平塚町)生まれ。油絵を描きはじめたのは15歳の頃で、通っていた藤沢中学の美術教師から手ほどきを受けたといいます。 しかし本格的に画家を志していたわけではなかったため、一般進学で兵庫県芦屋に移住し関西大学経済学部に入学。ところが、春陽会の入選発表で友人の名前を見たことがきっかけとなって、勉学に励むかたわら22歳から絵に向かい、作品を春陽会に出品します。 初出品作品で初入選を果たし、華々しく画壇デビュー。以降、大学を卒業してからも積極的に創作活動を行い、本格的に画家の道を歩んでいくことになります。


1930年に渡欧。海外で活動する海老原喜之助ら日本人洋画家と交流を深め、さらに自身の作風に影響を与えるオランダ画家ライデンと出会い、画家としての実力を上げます。 帰国後は、41歳になるまで春陽会をメインに作品を出品し続けました。


春陽会を脱会した後は、新時代の美術発展を目指した美術家が集まる「独立美術協会」の一員として活動。同会での活躍により独特の質感を生み出す画法を真似する画家も現れ、新たな日本画壇をリードする画家として知られるようになります。 その創作活動は最晩年にまで至り、その活動に注目したブリヂストン美術館は、鳥海の記録映画を制作しています。 70歳で亡くなった年に行われた独立展においても、2作品が出品されていました。さながら生涯の伴侶のように絵を愛し抜いた人生でした。


鳥海青児の代表作と作風

代表作は、『昼寝するメキシコ人』。鳥海が62歳のときに描いた一作で、文字通り眠っているメキシコ人の労働者を描いた作品です。 全体的に色味が淡く、陰影が濃いわけではないものの、鳥海が生み出す独特の質感によってリアルに表現されているのが印象的です。メキシコ人の表情は麦わら帽によって隠されていますが、どこか物悲しく叙情的に仕上がっています。まるでひとときの昼寝ではなく、永遠の眠りであるかのように。

鳥海は当初風景画家としてキャリアをスタートさせましたが、のちに人物や静物など、幅広いモチーフの作品を数多く残しました。砂を混ぜ込んだ絵の具を使った作風は、日本の風土をよく表現したいがために生み出した方法だといわれています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る