中村清治の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により中村清治の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

中村清治作品買取

中村清治の生涯

中村清治(なかむらせいじ)は1935年横浜市出身。昭和の半ばから平成にかけて活躍した洋画家です。 生涯、いずれの美術団体にも属することなく、個展やグループ展といった限られた場でのみ自身の作品を発表しています。


中村が画家としての片鱗を現したのは1957年、東京藝術大学に在学しているときのこと。伊藤廉に師事しつつ、学内賞である安宅賞を受賞します。 同校を卒業したあとは美術グループ「大地」を結成し、そこで数々の作品を発表。そして1966年、東京・銀座で初となる個展を開きます。 その後1974年、進藤蕃や橋本博英たちによる「黎の会」結成に参加。また、1977年には「和の会」の結成に参加しており、美術団体に属さないものの数々のグループ設立に立ち会い、そこで自身の作品を発表しています。


このように、限られたコミュニティの中で活動し、それでもなお画家としての才能を発揮していった中村は、その後も引き続き個展を開催し、魅力的な作品の数々を出展します。 その一方で、中村は生涯において幾度も渡欧しています。 日本とはまた違った美しさがあるヨーロッパの風景を描いた作品が多く見られるのはそのためです。 1975年にはフランスのパリで開催されたサロン・ド・サンコム展にも出品しており、国内だけでなく海外でもその実力を遺憾なく発揮しています。 この世を去るまで国内外で信念を貫き通して画家活動を続けた中村は、日本洋画史に欠かせない洋画家の1人といえるでしょう。


中村清治の代表作と作風

中村はその生涯において、人物画を中心に幅広い分野の絵を制作しています。 写実的な作風を持ち味としており、モデルの外見的特徴を正確かつ丁寧に捉えた作品が多く見られます。 また、陰影に強いこだわりが見られる点もポイント。光と影によるわずかな明暗の差を色彩ひとつで見事に描き分けており、これによって絵のリアリティや深みが一段と増しています。 このような独特の色彩感覚、そして光彩処理のテクニックは、高く評価されています。

彼の代表作である『椅子に座った婦人』も陰影を見事に表現した作品のひとつ。こまやかに表現された影の暗さによって、明るいオレンジで鮮やかに彩られた貴婦人の衣装がより引き立っています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る