鍋井克之の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により鍋井克之の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

鍋井克之作品買取

鍋井克之の生涯

鍋井克之(なべいかつゆき)は、大正末期から昭和にかけて大阪の近代美術を盛り上げた洋画家の1人。 手がけた作品は主に二科展、二紀展に出品しており、その中には『秋の連山』をはじめとする受賞作も多く見られます。 また、指導者としての活動も積極的に行い、後進の育成と近代美術の発展に尽力しました。 『自由な油絵の学び方』『西洋画の理解』など、数多くの著書を執筆していることでも知られています。


そんな鍋井は1888年大阪生まれ。 中学時代、松波長年から日本画を学んだことで絵に興味を持ち始めます。 中学卒業後は白馬会洋画研究所で長原孝太郎に師事して腕を磨き、そして1909年、東京美術学校西洋画科に入学しました。 在学中に二科展への入選を果たした鍋井は、同校を卒業した1915年、第2回二科展に『秋の連山』を出品。見事二科賞を受賞します。 それからも二科展に出品したりヨーロッパに留学したりして画家活動を行っていた鍋井は1924年、大阪で黒田重太郎や小出楢重と信濃橋洋画研究所を設立します。 また、絵を創作する一方で後進の指導にも注力します。


このように画家としても指導者としても活躍を見せたことが高く評価され、1939年には大阪の近代美術の発展に貢献したとして芸術院賞や大阪市民文化賞を受賞しています。 その後も数々の名作を生み出しつつ、池田市名誉市民に選ばれたり浪速芸術大学の教授に就任したりといった活躍を見せます。 美術にまつわる著書も多く執筆しており、次世代を担う画家たちの模範を示しました。 こうして幅広い分野で美術文化の発展に貢献した鍋井ですが、1969年1月11日、大阪の病院で80年の人生に幕を下ろしました。


鍋井克之の代表作と作風

鍋井はその画家人生において、特に風景画の研究に時間を費やしていました。 若い頃は全国各地を巡り歩き、行く先々で美しい風景画を描いています。 代表作として『朝の勝浦港』『新和歌の浦』『風景』などが挙げられますが、いずれも明るくバランスの取れた配色によって描かれており、鮮やかな色彩が見る者を魅了する作品に仕上がっています。

また、彼の作品は繊細な色遣いで描かれている点に加えて、フォーヴィスム(野獣派)のような荒々しく力強い筆遣いで描かれているのが特徴として挙げられます。 ゴツゴツとした岩肌と静寂な水面のコントラストが魅力的な作品、激しく崖に打ち付ける躍動感たっぷりの荒波が印象的な作品などが多く見られます。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る