前田寛治の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により前田寛治の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

前田寛治作品買取

前田寛治の生涯

前田寛治(まえたかんじ)は大正末期から昭和にかけて活躍した洋画家であり、写実的な人物画を得意としていたことから“人物写実画の名手”とも呼ばれていた人物です。 33歳という若さでこの世を去っているものの、日本の洋画界に多大な影響を与えた人物の1人として美術界では広く知られています。


前田寛治は鳥取県東伯郡(現・北栄町)出身。1896年に農家の次男として生まれました。 第三高等学校(現・京都大学)の受験に失敗した悔しさを糧に、一転して画家を目指し始めます。 1916年、東京美術学校に入学した前田は、藤島武二や長原孝太郎から指導を受けつつ絵の知識を深めていきます。 卒業後はさらに絵のスキルを磨くべく、フランスに渡って3年間の留学生活を送ります。 そこではパリの美術学校アカデミー・ド・グラン・ショーミエールに在籍し、ギュスターヴ・クールベの絵や画法を研究します。クールベの写実的な作品に触れた前田は、これをもとにして自身の画法を見つめ直し、のちに「前寛ばり」と呼ばれる独自の画風を確立させていきます。 また、留学中に出会い、交流を深めた思想家・福本和夫も、前田の画風に影響を与えた人物として挙げられます。


1926年、帰国した前田は留学中の友人である里見勝蔵や佐伯祐三たちと「一九三〇協会」を設立。その2年後には東京杉並区に「前田写実研究所」を開設し、自身のスキルを高めつつ後進の指導にあたります。なお、「前寛ばり」という言葉は一九三〇協会展に出品した際に生まれ、一時的に流行語として注目を集めました。 その後、1929年には名誉ある帝展審査員に抜擢されるものの、病気によって入院生活を余儀なくされることになります。翌年の4月、前田寛治は鼻孔内腫瘍によってこの世を去りました。


前田寛治の代表作と作風

前田の作風は、クールベに感化されて身につけた写実的な画風に、独自の画法や理論を組み合わせたもの。具体的には、当時の西洋で主流だった“フォーヴィスム(野獣派)”と呼ばれる荒々しく力強い筆致と、古典的な構図・テーマをミックスさせるというものでした。 代表作として、帰国後に描いた『裸婦』『棟梁の家族』、絶筆となった『海』などが挙げられますが、いずれも前田独自の作風が如実に現れています。 前田の画家人生そのものは10年ほどで幕を閉じているものの、彼が作り上げ、そして後進に伝えた「前寛ばり」は日本洋画界に長く影響を及ぼすものとなりました。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る