彼末宏の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により彼末宏の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

彼末宏作品買取

彼末宏の生涯

彼末宏(かのすえひろし)は、昭和後期から平成にかけて活動した日本の洋画家。 画家としての活躍もさることながら、東京藝術大学で、油絵科の教授としておよそ20年にわたって後進の育成に当たったことも大きな功績とされています。


彼末は、1927年に東京府(現・東京都)に生まれました。小学校の頃、商社に勤めていた父の転勤によって北海道小樽市に引っ越し、同地の陸軍士官学校に進学しています。 しかし幼少から美術に興味があった彼末は、士官学校の卒業を待たずして東京美術学校(現・東京藝術大学)の油絵科に入り直そうと受験を試みます。 結果は不合格。その理由は、同校の教授で面接官であった画家・梅原龍三郎に気に入られなかったからだといわれています。しかし彼末は翌年に再受験し、同じく梅原龍三郎に対峙。面接をパスします。 梅原は、彼末のひたむきさに打たれたようです。 その後は成績優秀な学生として過ごします。25歳になる1952年には同校を主席で卒業するほどになり、卒業後も東京藝術大学に名称が変更された同校に助手として残留。ここから彼末の長きにわたる教員生活がはじまります。


母校にて後進の育成をしながらも自身の創作活動も活発に行い、1957年に「国画会展」に出品した作品が新人賞や国画会賞を受賞。その実力が認められ、西欧学芸研究所から奨学金を受けることができるようになった彼末は、およそ1年間ヨーロッパに留学。本場の西洋美術を学びました。 またほどなく「国画会会友賞」を受賞し、審査や監査なしで国画会に出品できる国画会会員となって画家として大きな名声を得ます。 また、1980年には東京藝術大学の教授へと昇格。数多くの著名な洋画家を育て上げました。


61歳で大学を去ったあとは、画家としての活動を開始。長きに渡った後進の指導を終えたあとは、亡くなるまで心置きなく自身の創作活動を続けました。


彼末宏の代表作と作風

代表作は『サーカスの芸人たち』。彼末初期の作品に多く見られる、サーカスの団員をモチーフとした抽象的作品のひとつです。初期の作品は暖色を主調としたあたたかみのある作品が多いのですが、彼末の作風は1970年ごろから大きな変化を遂げます。 明るい色味を使用した作風から、ぐっと深く暗い色味を主調とした作風になったのです。 しかし、ほとんど黒にも近い色味を使っているにも関わらず、天才的な色彩センスで決して画面を濁らせることなく、透明感すら感じられる神秘的な作品を作り上げています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る