和田英作の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により和田英作の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

和田英作作品買取

和田英作の生涯

和田英作(わだえいさく)は鹿児島を代表する洋画家の一人。 黒田清輝、藤島武二に次いで、鹿児島の近代洋画を支える“第三の巨匠”と呼ばれた男です。 最も得意とした肖像画をはじめ、風景画や人物画、静物画など幅広い分野の洋画を描いた和田は多くの人から称賛され、また近代洋画界の立役者である黒田清輝もその腕を認めていたといいます。 1959年、彼の死は「明治の洋画は終わった」と言わしめるほど、当時の近代洋画界に大きな衝撃を与えました。


和田は1874年、一家の長男として鹿児島県肝属郡垂水村(現・垂水市)に生まれました。 しかし鹿児島に身を置いた期間は短く、4歳のときに上京。生涯のほとんどを東京で過ごしています。 彼の洋画家人生の始まりは1887年、明治学院予科在学中に上杉熊松から洋画の基本を学んだことがきっかけです。 そして内国勧業博覧会で目にした、曽山幸彦をはじめとする有名な洋画家たちの作品の影響を受けて、本格的に洋画家の道を歩むことを決意します。 その後、明治学院を中退した和田は、画塾を転々としつつ学びを深めていきます。


1894年、黒田清輝と久米桂一郎が開設した天真道場に入門。日本の外光派の第一人者であり、近代洋画を牽引する存在でもあった黒田清輝から、直々に洋画を学びます。 これを機に洋画家としていっそうの成長を遂げた和田は、1900年に文部省留学生としてフランス・パリに留学します。そこで黒田清輝の師であるラファエル・コランと出会い、新たな描法を学びつつ外光派写実主義を代表する洋画家の一人として活躍。パリ万国博覧会では『渡頭の夕暮』を出品し、佳作賞を受賞しています。 1903年に帰国してからも、第5回内国勧業博覧会やセントルイス万国博覧会など、数々の博覧会に自身の作品を出品し、輝かしい功績を残している和田。19世紀末から20世紀半ばにかけて日本洋画界を支える巨匠の1人して長年活躍するも、1959年、84歳でこの世を去りました。


和田英作の代表作と作風

和田の作風の特徴として、忠実に見たままを再現する写実的な点が挙げられます。特に多く描いたとされる風景画では、彼が活躍した明治時代の様子が鮮明に見て取れます。 加えて、繊細な筆遣いと色遣いによって、穏やかで美しい作品に仕上がっているのもポイントです。

そんな作風が顕著に表現されている代表作として、パリ万国博覧会の受賞作でもある『渡頭の夕暮』が挙げられます。 この作品には、夕日に染まる多摩川の畔に立つ農夫とその家族の姿が描かれています。 明治期の家庭の様子がよくわかる1枚であると同時に、どこか胸を突かれるような懐かしさと郷愁を感じさせる作品でもあります。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る