石魯(セキロ)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により石魯の作品を買取いたします!

石魯(セキロ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

石魯掛軸

石魯(せきろ)1919年-1982年


四川省仁寿の出身の画家で、人物、山水、花鳥を得意としています。原名は馮亜珩。
若い頃に成都東方美術専科学院で学んだ後、1940年延安の陝北公学院に入り版画製作に励んでいます。

その後、共産党の本拠地である延安の陝北公学院で版画・中国画を学び、制作に励んでいました。 専攻を中国画に変更し、1959年に作られた「転戦陝北」の評価が徐々に上がって行き、趙望雲とともに長安画派を立ち上げています。

中国美術家協会常務理事、中国画研究員院務委員、中国美術家協会陝西分会主席、陝西国画院名誉院長などを歴任し、中国美術界で活躍した人物です。

また、石魯は西北黄土高原を描き続けた画家としても知られています。 粗削りな画風と題材から文化革命が起こった際は、「野・粗・乱・黒」と厳しく批判されています。

画風の「改革」を要求されますが、石魯は受け入れなかったため、弾圧が続き、精神的に追い詰められていったそうです。 本来であれば死刑になっていましたが、心の病の治療のため入院していた事で、死刑を免れる事ができました。

入院中も絵を描き続け、筆の激しさや墨の重さを感じる事のできる作品を多く残しています。

【石魯・代表作】

  • 「転戦陝北」
  • 「秋収」
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る