王鐸(オウタク)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により王鐸の作品を買取いたします!

王鐸(オウタク)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

王鐸掛軸

王鐸(おうたく)1592年-1652年


王鐸とは中国の明末清初の書家で、背が高く立派な長いひげを持ち、いかにも中国の高官にふさわしい風貌だったという事が伝えられています。

風貌だけでなく、王鐸の作品は「詩文」・「書画」ともに高い評価を受けているのですが書名は特に評価が高く、文字に様々な気持ちが表現されていると評されています。
だぶだぶの墨で「なげやり」わざとこすりつけて書いたような渇筆で「いらだち」、字形をゆがませ左右にうねらせながら連綿される文字群で「あがき」、など、この時の王鐸の苦悩が感じ取れます。

ですが、実はこのような連綿草で書かれた王鐸の作品はすべて王鐸のオリジナルの作品ではありません。

王鐸は苦悩を発散するような連綿草を書きたいときは、別の書画家の作品の字面だけを仮の姿として利用しました。
実際、原帖に全く似ていないだけでなく脱字が多くて文の意味も全然通らないことで知られています。
王鐸にとって言葉の意味などどうでもよく、それを故意に無視することで独特で奔放な書きぶりが可能になったといわれています。

しかし自作の詩文を書くときは、さすがに言葉の意味を無視することはできなかったようで、連綿草ではなく謹厳な行書で書いています。


王鐸の歴史

王鐸が書を学び始めたのは10歳前後で、王献之の一筆書きの書風を徹底して学び数十字にもわたる連綿草を書いていました。
この頃から独自の書風を生みだしており、その評価も非常に宇高かったといわれています。

明朝に仕え、順調に出世していき礼部尚書となりましたが、清との戦争で清に降伏し弘文院学士に迎えられています。
その後の待遇は非常に優遇されたと伝えられています。

明と清に仕えた王鐸は、白眼視されときには裏切り者とまで言われていました。
その理由は学問において非常に優れていた王鐸の勢力下にいた人たちもまた有能だったため、清からの強い要求が理由だったといわれています。

ですが、作品が素晴らしいことに変わりはなく、高い評価を受けていました。
その後、清でも礼部尚書になりますが、その年に郷里で病により61歳にて生涯を終えたのでした。
王鐸が数多く残した作品から、まぎれもない優れた詩文書画家だったと言えるでしょう。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る