啓功(ケイコウ)の買取ならお任せください!!
確かな鑑定力により啓功の作品を買取いたします!

啓功(ケイコウ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

啓功掛軸

啓功(けいこう) 1912年-2005年


中国の北京出身の書家であり、教育家・詩人としても活躍していた人物です。
姓は愛新覚羅で、字は元伯、元白があります。

国を統一した清朝を打ち立てた家系で、清朝雍正帝の九代目子孫でもあります。
しかし、生涯自分の本当の姓を名乗る事はなく、自らの力だけで中国書道界大御所の地位に就いたと言われています。

幼い頃に父親を亡くし、祖父に育てられた啓功は、幼少期より文学や書画を学んでいました。
北京匯文中学(現在で言う高校)に通っていたのですが、祖父が亡くなると学校中退。 独学で絵画を勉強し、極めて行くことになります。

傅增湘からの紹介により講義を受けた啓功は、次第に文学の世界にのめり込む様になって行きます。

その後、研鑽が実を結び後輔仁大学の美術学部と中国文学学部の助教授に就任しています。
約60年間教育に携わり、中国美術後進の教育に力を注いでいます。

啓功の人柄は、人当たりがよく、大らかでユーモアあふれる人物だったそうです。
多くの人々と交流を持ち、当時の中国ではお店の看板などを啓功に頼む人が多くいた様です。

町中には啓功の書いた看板などの書を目にする事が出来ます。
しかし、あまりにも人気の為依頼が殺到し、断る為に入口に「病気の為、面会謝絶」といった札を掲げる等をし、 相手を傷つけずに依頼を断っていたそうです。

啓功の作風が生まれた背景は、文化大革命時代に毎日、朝から晩まで他人の書いた文字を毛筆で写していた事で生まれたものだそうです。

【啓功年表】

  • 1912年…生誕
  • 1913年…父が亡くなる
  • 1923年…祖父が亡くなる
  • 1924年…北京匯文中学(高校)に通う
  • 1927年…傅增湘の紹介で授業を受ける
  • 1932年…結婚、絵画を販売し生計を立てる
  • 1935年…大学美術科の助手を担当する
  • 1938年…大学国文科の講師を担当する
  • 1943年…北京大学博物館の助教授を担当する
  • 1971年…妻が亡くなる
  • 1977年…『詩文声律論稿』を出版する
  • 1981年…中国書家協会を創立し、副主席に就任する
  • 1984年…中国書家協会の首席に就任する
  • 1986年…国家文化財鑑定委員会の主任に就任する
  • 1990年…香港で展覧会を開催する
  • 1991年…日本へ来日し、大阪博物館の中国書画を見学する
  • 1992年…北京・広州・日本で展覧会を共同開催する
  • 1994年…韓国で個展を開催する
  • 1996年…アメリカ・ドイツへ訪問し中国書画を見学する
  • 1997年…書画代表団と共にシンガポールを訪問し作品展を開催する
  • 2005年…93歳で逝去
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る