八大山人(ハチダイサンジン)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により八大山人の作品を買取いたします!

八大山人(ハチダイサンジン)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

八大山人掛軸

八大山人(はちだいさんじん) 1626年-1705年


中国明代末期から、清代初期に活躍していた画家であり書道家、また詩人としても有名な人物です。

江西省南昌にあった明朝の宗室のひとつと言われる石城王一族の出身と言われています。
幼少期より詩文を詠むなど、秀才であったそうです。

官吏を志し、科挙試験を受ける為に民籍に変更し、初頭段階を経て受験資格を得ています。

しかし、1644年に明朝時代の終わりと共に、八大山人の夢は断たれる事となりました。

その後、清軍の侵攻を避けるために、臨川県・進賢に身を寄せ、1648年に出家したとされており、禅寺である耕香庵に入っています。
八大山人の出家理由は一説には、清朝が庶民に強制した辮髪を拒否する為だとも言われています。

出家後は、熱心に仏教修行に励み、数年後には宗師となっています。
仏門に入ってた20年の後、100人近い弟子を持ち、寺の内以外にも大そうな評判が広がったため、八大山人の力を恐れた、県令の胡亦堂の命令により官舎に軟禁状態にあったと言います。

拘束に耐え兼ねた八大山人は、仏曹界から離れ一般市民になった事により、自由の身となったそうです。

その後、妻を娶った事から、辮髪にしたものと言われており、世間との交流をせず、数少ない友達と酒を飲み、絵を描くという生活を送っています。

画でも高い評価を得たそうですが、画を売り富を蓄えるという様な事はせず、知人に与えたり、訪ねた寺の小僧に渡したりする程度で、八大山人は生涯貧窮の生活を送ったとされています。

八大山人の描く構図は、水墨花鳥画を基本とし、卉や山水、鳥や魚などを様々な題材があります。伝統に固執する事のない、大胆な描写を得意としています。

描く鳥の足を1本のみで表現したり、魚の目を白眼で表す等、これまでの常識を覆す表現技法を用いています。
中国では白眼は「拒絶」を表す表現とされています。
そこから八大山人の心を汲み取るに、明朝への嘆きと侵略と映る清朝に屈してしまった事への、激しく秘める反抗心が表現されていると云われています。

【書跡】

  • ・「論書法巻」1592年・北京故宮博物院

【作品】

  • 1659年 『写生』 台北市国立故宮博物院蔵
  • 1666年 『墨花図』 北京市故宮博物院蔵
  • 1681年 『花卉図』 ブリンストン大学美術館蔵
  • 1694年 『山水花鳥図』 京都市泉屋博古館蔵
  • 1694年 『花鳥山水図』 上海博物館蔵
  • 1696年 『蓮池図』上海博物館蔵
  • 1697年 『河上花図』 天津市芸術博物館蔵
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る