呉湖帆(ゴコハン)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により呉湖帆の作品を買取いたします!

呉湖帆(ゴコハン)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

呉湖帆掛軸

呉湖帆(ごこはん) 1894年-1968年


江蘇省蘇州出身の出身で、山水画家・能書家・鑑定家としても著名な人物です。

近代有数の古書画や古銅器の収蔵の鑑定家の家に生まれており、呉大澂の孫でもあります。
両祖父から受け継いだ作品を守りつつ、絵画を学んでいます。

陸恢のもとで画を学び、25歳の時に生業とする決意をしたそうです。
その後上海へ行き、正社書画会を立ち上げ、梅景書屋で画法を教授したり等もしていた様です。

呉湖帆の書は、祖父である呉大澂にも通じる実直な篆書や、堂々とした風格の行書等が特長です。
花卉、墨竹もを得意としており、俊逸淡雅と評された。また書画の鑑定に明るかっとも言われています。
呉湖帆は、「呉待秋」「呉子深」「馮超然」とらで【三呉一馮】と並び称されています。

妻の潘清淑(生年不詳・1938年頃)は清官僚で金石学者をしていた潘祖蔭の孫で、祖蔭の姪にあたる潘樹春です。

彼女もまた、文芸や作画(特に花卉画)に優れた才能を示したと言われています。
1937年に汪亜塵が欧州に渡る際、画を贈ろうとしたが間に合わず、妻静淑が画いたものを送っています。
彼の帰国後、亡き妻を偲びその画に芦花を書添えた「芙蓉図」は徐悲鴻が旧蔵していた事でも有名です。

「上海中国画院画師」「上海美術学校」「上海美術専科学校」「浙江美術学院中国画教師」「上海大学美術学院副教授」「中国美術家協会上海分会副主席」「 上海市文化遺跡保存委員会」を歴任し、中国美術界の後進への教育に力を注いでいます。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る