近藤悠三の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

近藤悠三について

近藤は1902年に京都市の清水寺下に三男として誕生しました。近藤は染付の作家として知られます。しかし、中国や日本の古陶を見ると優作なるものがすでに多くあり、染付による新たな世界を打ち開くには非常に厳しいのが当時の現状でした。絵付のモチーフには柘榴を主とした果物や山水、花鳥などが多く用いられています。近藤はそんな中果敢に絵付の世界で挑戦し、豪宕な独自の絵付けの世界を作り上げたのです。

近藤は小学校を卒業するとすぐに京都市立陶磁器試験会場付属伝修所轆轤科に入りました。近藤と陶芸の結びつきが早いのには理由があり、公務員として厳し制約や煩わしさを感じていた父親が息子にはそんなことないようにと、実力によってはその世界で世に出ていけると近藤に勧めたからでした。しかし近藤は絵や手工が得意ではなく、あまり気がすすまないところからのスタートだったそうです。1924年には関西美術院洋画研究所で絵付の技術を向上させ意欲的に取り組み、1977年には染付技法により国指定の重要無形文化財に認定されます。

略歴
1902年
京都府京都市の清水寺下に三男として誕生
1914年
小学校卒業後、京都市立陶磁器試験場付属伝修所轆轤科へ
1921年
英国から富本憲吉が帰国した事を知り、陶磁器試験場をやめて富本の助手になる
1924年
富本の元を辞め京都へ戻り関西の洋画研究所でデッサンや洋画を研究しつつ図書館へ通うなどをし、視野を広げる。その後仕事場を作り、作陶をはじめる
1928年
第9回帝展に出展し、初の入選を果たす
1953年
皇太子殿下ご渡英の年に用命を受け在英大使館に備え付けられる
1977年
染付技法の国指定重要無形文化財保持者に認定される
1985年
逝去

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る