加藤孝造の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

加藤孝造(かとう・こうぞう)1935年–当代

陶磁器

加藤孝造は、「瀬戸黒」の技法で国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、岐阜県出身の陶芸家です。
同じく岐阜県出身の陶芸家であり、重要無形文化財「志野・瀬戸黒」の保持者でもある荒川豊蔵に師事。志野や瀬戸黒の基礎を学びつつ、徐々に独自の作風を確立させていきました。 こうして完成した孝造ならではの作風は、「孝造志野」「孝造黒」と呼ばれています。 また、美濃陶芸を牽引する存在として数々の輝かしい功績を残しつつ、近年は「風塾」を創立。後世を担う若手陶芸家の育成にも尽力しています。

加藤孝造作の詳細を見る

後進の育成にも励む美濃陶芸の第一人者

加藤孝造は1935年、岐阜県瑞浪市に生まれました。 1953年、岐阜県陶磁器試験場に勤務し、5代目加藤幸兵衛から指導を受けます。 この頃から孝造は芸術家としての才能を遺憾なく発揮しており、1954年に開催された第10回日展では洋画で入選を果たしています。 しかし、その翌年に岐阜県陶磁器試験場工芸科の主任技師に就任し、これを機に陶芸家としての道を歩み始めました。

その後、美濃陶芸協会の理事、日本工芸会の正会員などに就任しつつ、多くの展示会で輝かしい功績を残した孝造は1970年、荒川豊蔵に師事します。 そして、豊蔵の助言を受けて可児市久々利に穴窯と登窯を築き、安土桃山時代の陶芸技術を用いた制作を開始しました。

以降、独創的な作風を確立させた孝造は、1995年に「志野・瀬戸黒」の技法で岐阜県指定の重要無形文化財保持者に認定。さらに、2010年には「瀬戸黒」の技法で国指定の重要無形文化財保持者に認定されました。 現在は美濃陶芸協会の名誉顧問を務めつつ、美濃陶芸の発展に大きく貢献しています。

略歴
1935年
岐阜県端浪市にて誕生
1954年
第10回日展に初入選
1957年
「浅間山」陶板を作成、皇太子殿下ご成婚記念にて献上
1995年
瀬戸黒と志野の技法で岐阜県の重要無形文化財保持者に認定
2010年
瀬戸黒で国指定の重要無形文化財に認定

加藤孝造作の代表作

  • 「瀬戸黒茶碗」

    高温の窯で焼き上げたのち、引き出して急冷する瀬戸黒の技法により、艶やかな漆黒に発色した作品。 気品を感じさせる独特の雰囲気をかもし出しつつも、丸みを帯びたフォルムが優しいぬくもりを感じさせます。 また、口縁部に抑揚をつけ、高低差を持たせることで、味のある作品に仕上がっています。

  • 「鉄釉花器」

    1968年に開催された第15回日本伝統工芸展に出品し、見事朝日新聞社賞を受賞した作品。 瀬戸黒の技法によって黒く発色した、洗練された滑らかなフォルムが美しい、加藤孝造の代表作です。 小さいながらも気品あふれる佇まいが独特の存在感を放っており、深い味わいを感じさせる作品に仕上げられています。

    そのほかにも、1967年の朝日陶芸展で優秀賞を受賞した「鉄釉壺」をはじめ、「風魂」「濤」などが代表作として挙げられます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る