三浦小平二の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

三浦小平二について

三浦は1933年新潟県の佐渡にて無名異焼の伝統陶家に誕生。三浦は静的なものである青磁で前例のない試みに挑戦した開拓者とも言われ、現代の青磁の頂点に位置する存在と同時に日本を代表する陶芸家の一人でもあります。

三浦の作品は海外でも高い評価を受けており、その作品の特徴は中国南宋代の官窯青磁のような深みを持っており、それでいながら透き通るような明るさの釉調を使う事を何よりの特徴としています。その独特な釉調を駆使するだけでなく、三浦にはもう一つの特色があります。それは、青磁の一部に豆彩という技法を用いて人物や景色といった絵付けを施すことです。これは前例がなく、三浦が開拓者となった事で知られています。三浦は優れたデッサン力を持ち、洗練された絵付けと 青磁の単色で見事に三浦だけの世界観を作り上げました。こうした作品はまさしく現代の日本陶芸として世に印象を与えました。1997年には青磁で国指定の重要無形文化財保持者として認定されています。

略歴
1933年
新潟県にて無名異焼、三浦小平の長男として誕生
1953年
加藤土師萌に師事、芸大初の窯を築窯する
1967年
第7回現代日本伝統工芸展にて最優秀賞を受賞
1972年
青磁と赤絵を故宮博物館にて学ぶ
1977年
日本陶磁協会賞受賞
1993年
日本陶磁協会金賞受賞
1997年
国指定の重要無形文化財保持者に認定される
2006年
逝去

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る