中島宏の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

中島宏について

中島宏

中島宏は青磁の陶工として有名な陶芸家です。中島が陶芸に興味を持ち、この道を歩むきっかけとなったのは父親に連れてこられた窯跡だったと言います。そこにあった古唐津にまじる青磁に興味をそそられ、それが中島が青磁の陶工となるきっかけでした。

釉薬と炎を絶妙に操り、現代青磁の最高水準を達成した人物とも言われています。青磁は東洋の代表的なやきもので、中国の殷代中期に出現したものと言われています。日本で青磁が生産されるようになったのは江戸時代初期の話です。中島はこの青磁の長い歴史を継ぐ最も優れた陶工のひとりとされ、翡青磁彫文壺は非の打ち所がない作品と言われており、中島の才能があますところなく出ています。 非常に整った品格のある造形と深々と発色した色彩、精緻な貫入に均衡の保たれた彫文はまさに中島が織り成す青磁の世界です。

略歴
1941年
佐賀県武雄市西川登町にて誕生
1969年
弓野の古窯跡に登窯を建て独立する
1985年
中国に赴き浙江省龍泉県古窯跡を踏査(日本人初の事)
1990年
佐賀県の重要無形文化財保持者に認定される
2007年
青磁で国指定の重要無形文化財保持者に認定される
2018年
逝去

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る