加藤土師萌の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

加藤土師萌について

加藤土師萌

加藤土師萌は陶工を代表する人物の一人です。初めから陶芸の道を歩んでいたわけではなく、陶芸図案家である日野厚にデザインを師事し、他の地にて作陶を開始しました。それもあり、加藤は陶工の中でも非常に絵が上手かったとされています。また、万般に通じていた加藤は事もなく物事を成し得たと言われる程の人物でした。東洋風はもちろんのこと西洋風の陶磁器であったり、色絵、南京写、古九谷風、青磁、染付金襴手など実に間口は広く、その上作品のできは最高の技術だったため、周りを驚かせたとも言われています。

作陶を始めた翌年には帝展に新設された第四部工芸部門に出展し、初入選。それ以降もパリ万博ではグランプリを取るなど快挙を果たします。赤絵や白磁、青磁などの研究を重ね功績を残しており、1961年には国指定の重要無形文化財保持者にも認定されています。

略歴
1900年
愛知県瀬戸市にて誕生
1914年
画家を目指し、図案科にて図案を学ぶ
1926年
愛知県から岐阜に移住し、陶磁器試験場にて勤務
1930年
古志野を研究していた荒川豊蔵が発見した志野、織部、黄瀬戸の陶片が加藤の元へ持ち込まれる
1931年
美濃古窯跡の発掘調査を始める
1947年
唐津の古窯跡の調査にいく
1952年
黄地紅彩の上絵付技法が無形文化財に指定される
1961年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1968年
逝去

加藤土師萌の代表作

  • 唐津陶盃

    大胆に鉄釉をかけ、それを活かした作品。裏側はゴケ底風に削られている

  • 釉裏金彩

    素焼きした素地に金箔をつけ、透明釉をかけ低温焼成が行われている作品

  • 色絵香合

    元より画家志望だった加藤ならではの絵付け作品。艶やかな桃が描かれており、生命力を感じる

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る