三岸節子の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により三岸節子の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

三岸節子作品買取

三岸節子の生涯

三岸節子(みぎしせつこ)は洋画家であり、女性画家として日本で初めて文化功労者に選ばれた人物でもあります。1人の画家として生命力みなぎるエネルギッシュな洋画を描きつつ、その一方で女性画家が活躍しやすい環境作りに努めました。彼女のおかげで、日本洋画界における女性画家の地位が確立されたといっても過言ではありません。


そんな三岸は1905年、愛知県中島郡小信中島村(現・一宮市小信中島)で毛織物製造業を営む裕福な家に生まれました。しかし、生まれつき先天性股関節脱臼を患っていたことから、世間体を気にする家族からはばかられるつらい日々を過ごします。 そんなある日、度重なる不況によって実家の織物工場が倒産する事態に陥ります。一時はショックを受けた三岸でしたが、これを機に当時興味を持っていた画家の道を歩み始めることを決意します。


上京した彼女は、洋画家・岡田三郎助に師事しつつ画力を高めていきます。 しかし、彼女の画家人生もまた、つらく困難な壁が多く立ちはだかる茨の道でした。 1935年、女子美術学校在籍中に出会い、結婚した洋画家・三岸好太郎が急逝します。 愛する人との死別によって精神的に多大なショックを受けた三岸は、このとき自殺も考えたといいます。 また、当時の画家の世界は完全な男社会。性別という越えられない壁によって美術団体の会員になることができず、職業として画家の活動ができない日々が続きます。


しかし、性別の壁によって進路が断たれている女性画家は三岸だけではありませんでした。 佐伯米子や桂ユキ子など同じ悩みを抱える女性画家と手に手を取り合い、1946年に女性のための美術団体「女流画家協会」を結成します。 これまでの美術界の常識を覆すこの働きは、多くの女性画家に光明をもたらしました。 その一方で、三岸は個人としての活動にも注力します。1954年、渡仏して本場の技術をその目で確認し、またヨーロッパ各地を巡ることで美しい風景画の制作にも挑戦します。


30年以上に及ぶ海外生活を経て、帰国後は自身のアトリエで引き続き作品の制作に取り組みます。 また、1994年には女流画家協会の結成をはじめとする功績が称えられ、女性画家初の文化功労者に選ばれます。 しかしこのとき、三岸はすでに89歳。老いと懸命に戦いながら画家活動を続けるも、1999年、急性循環不全により他界します。


三岸節子の代表作と作風

幼少期からつらい毎日を過ごしていた三岸は、その反動で精神的にたくましく成長します。 彼女が描く作品には、そんな彼女の生き様やたくましい精神力が表現されているという特徴があります。 常識にとらわれない自由な発想で描いた作品、赤をはじめ明るく情熱的な色を多用した作品が多く見られるのは、そのあかしであるといえるでしょう。

また、彼女が生命そのものと考え、愛していた“花”をテーマにした作品も数多く描いています。 特に『花』というタイトルの作品は複数描かれており、それぞれに当時の三岸の心境が表現されています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る