小林萬吾の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により小林萬吾の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

小林萬吾作品買取

小林萬吾の生涯

小林萬吾(こばやしまんご)は、明治中期から昭和にかけて活動した、日本の洋画家。柔らかな自然光を取り入れた明るい画面構成の作品を多く描いて、穏健な日本洋画の正統派を貫きました。

小林は1870年、讃岐国三豊郡(現・香川県三豊市)の庄屋に生まれました。 1886年、明治期の日本洋画界開拓者である安藤仲太郎と原田直次郎に師事して絵を描きはじめ、内国勧業博覧会で入賞するなど、その才能を開花させます。 1895年、25歳のときに上京を果たし、天真道場に入門。自然光を取り入れた画風を旨とする“外光派”を日本にもたらした近代洋画の父・黒田清輝に師事しました。 翌年には東京美術学校(現・東京藝術大学)に設立された西洋画科選科に入学。美術家団体「白馬会」の最初のメンバーとなって活発に活動。以後、白馬会展覧会には長らく出品を続けました。

卒業後は美術学校の指導員として働きはじめ、後進の育成にあたります。そのかたわら、小林は自身の創作活動を続けて文展、内国勧業博覧会などで賞を受賞する活躍を見せます。 そして1911年、文部省の推挙によりヨーロッパへの3年間におよぶ留学を経験します。 帰国後は留学中に手掛けた作品を文展に出品。これより毎年、文展に出品するようになりました。

制作を行いつつ後進の育成指導にも一層力を入れ、東京高等師範学校(現・筑波大学)教授、光風会会員、東京美術学校教授、帝展審査員などを務めて日本の美術界に大きく貢献します。 その功績を讃えられ、59歳のときに国の栄誉機関である帝国芸術院の会員となり、また1944年には正四位勲三等瑞宝章受賞しています。

晩年まで長く創作活動と美術教育を行いましたが、76歳のときに脳溢血で倒れて以降不自由な生活となり、翌年冬に神奈川県鎌倉市の自宅で息を引き取りました。


小林萬吾の代表作と作風

代表作は『渡舟』。小林は外光派画家の先駆者・黒田清輝に師事していたこともあり、穏健な画風を得意としていました。しかし、この作品では写実的な表現と絶妙なほの暗さのある色彩と遠近法を用い、新たな画風を確立しています。 小林の高い描画力をうかがい知ることのできる一作です。

小林は師・黒田のヨーロッパ仕込みの技術をよく受け継いでいるだけではなく、自身も留学して本場の技術や美術様式を獲得。郷土愛あふれる日本ならではの風景をモチーフにした独自の日本洋画を定義しました。その豊かな経験が生み出した、奥行きのある作品世界が大きな魅力といえます。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る