小山敬三の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により小山敬三の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

小山敬三作品買取

小山敬三の生涯

小山敬三(こやまけいぞう)は、大正から昭和にかけて活動した、日本の洋画家。 渡仏して得たヨーロッパの美術文化を日本画壇に持ち込んで活躍したほか、晩年には私財を投じて油彩画表彰の場を設け、また油彩修復技術者の海外派遣を奨励するなど、西洋画の発展に貢献しました。


小山は1897年、長野県北佐久郡小諸町(現長野県小諸市)荒町の旧家に生まれました。 幼い頃から画家を夢見ていましたが、父からの反対を受けて中学校卒業後は慶應義塾大学予科に進学するべく上京。しかし夢を諦めることができず、父を数日かけて説得して同校を中退すると、川端画学校に入学し、日本洋画界の重鎮・藤島武二に師事しました。


その後、父の友人である小説家・島崎藤村からフランス留学をすすめられたため、23歳で渡仏。「アカデミー・デ・コラロッシ」でシャルル・ゲランに師事し、デッサンおよび油彩画の手ほどきを受けます。 ほどなくして「サロン・ドートンヌ」での入賞を果たし、フランス画壇デビュー。29歳になる頃には同会の会員に推薦されました。 パリで個展を開いた際には展示していた作品がフランス政府に買い上げられることもあり、小山は画家として確かな実力と名声を積み上げたのち、1928年に帰国します。


帰国後は、神奈川県茅ヶ崎市にアトリエを構えて創作活動に励みながら、一水会の立ち上げや日本芸術院会員などとしても精力的に活動し、サロン・ドートンヌ審査員や中国での個展開催など世界的に活躍しています。 国内だけでなく海外でも多大な功績を残したため、1975年には文化勲章を受賞。この時点で数多くの文化的発展につながる活躍を行っているにも関わらず、晩年に2億円もの私財を投じて「小山敬三美術振興財団」を設立して油彩画表彰の場を増やすなど、最期まで美術界の発展に尽くしました。


小山敬三の代表作と作風

代表作は『ブルーズ・ド・ブルガリィ』。小山は国際結婚したフランス人女性との間に子がなかったため、終戦を迎えてから養女を引き取りました。この作品に描かれている美しい女性こそが養女である蓉子です。母のブラウスを着て微笑む表情が柔らかなタッチで表現されており、家族間の愛情をひしひしと感じる一作となっています。

師であるシャルル・ゲランは骨格や構造を丁寧に正確に捉えた作品を得意としており、小山はその技術をよく受け継いだ正確な写実画を得意としています。 一時期は肖像画を主として手掛けましたが、重厚で緻密な風景画作品も多数残しました。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る