山口薫の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により山口薫の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

山口薫作品買取

山口薫の生涯

1907年、群馬県群馬郡(現・高崎市)で生まれた山口薫(やまぐちかおる)は、世界恐慌や第二次世界大戦が起こった激動の昭和時代を生き抜いた洋画家のひとりです。 抽象的かつ独特の雰囲気を持つ作品を多く生み出していることから、“詩魂の画家”とも呼ばれています。


山口の画家への道は、中学卒業後に入学した東京美術学校西洋画科でスタートしました。 1926年、東京美術学校在学中に「帝国美術院展覧会」通称「帝展」に初入選し、若くして才能の片鱗を見せます。 その後も1927年の「帝展」、1929年の「国画会展」、1930年の「二科会展」に入選した山口は、1934年に新時代社を立ち上げます。これにより、村井正誠や長谷川三郎など、志を同じくする仲間とともに近代絵画の創作運動に注力します。 新時代社は時の経過とともに形を変えつつ勢力を増していきましたが、1950年、山口は同じく創始者である村井や長谷川たちとともに脱退。新たにモダンアート協会を設立します。 以降、「モダンアート協会展」をはじめ、「サロン・ド・メエ出品発表展」や「日本国際美術展」といった数々の展覧会に作品を出品しています。


また、当時の近代絵画を支える画家として活動する一方で、1951年には武蔵野美術大学、1964年には東京芸術大学の講師に就任。若者の美術教育にも力を注ぎます。 しかし1968年、胃がんを患った山口は惜しくもそのまま帰らぬ人となりました。 絶筆の画となった『おぼろ月に輪舞した子供たち』は、これまでになく抽象的で詩的な筆致を持つ作品であり、死を悟った山口の心情が表現されているといわれています。


山口薫の代表作と作風

この世を去る寸前まで画業に従事し、画家としての生涯を全うした山口薫。そんな彼の作品は、見る者に何かを語りかけるかのような詩情をたたえたものが多く見られます。 抽象的に描かれているものの、そこにはしっかりとした力強さ、山口の確固たる想いを感じられることでしょう。 ただし、作風は時と場合にあわせて随時変化しています。 たとえば、山口は東京美術学校を卒業後、一時パリに足を運んでいますが、その頃に手がけた作品は明るい色を用いて華やかさを表現しています。一方、帰国してからは暗い色を基盤に、簡略化したモチーフのもとで力強さを表現した作品を描きました。

そんな山口が生涯手がけた作品の中で、特に人々の目と心を奪う代表作となったのは辞世の画である『おぼろ月に輪舞した子供たち』です。 死の間際に創作したこともありますが、彼のほかの作品に比べて特に抽象的に描かれているのが特徴です。 大勢の子供が手を繋いで輪をつくり、月下でキャンプファイヤーをしている情景を描いているものの、そこに明るさはなく、見る人によっては恐怖さえ覚えるといいます。死を感じた彼がどのような想いで描いたのか、否が応でも考えさせられる作品です。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る