山本鼎の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により山本鼎の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

山本鼎作品買取

山本鼎の生涯

山本鼎(やまもとかなえ)は愛知県出身。画家としてだけでなく、教育者としての活動にも従事する人生を送りました。 1882年、額田郡岡崎町(現・岡崎市)で生まれるも、父・一郎の都合によりほどなく家族全員で上京。浅草区に住居を構え、幼少期をここで過ごします。


小学校を卒業した山本は、浜松町にある版画家・桜井虎吉の木版工房に通い、版画家を目指すべく活動を始めます。 それから約9年間、桜井のもとで修行を積むものの、自身の作品をもっと創作したいという強い想いから1902年、東京美術学校に入学。そして1904年、雑誌『明星』に自作の版画『漁夫』を投稿します。これが高く評価され、期待の新人版画家として一躍話題を集めました。 このようにして一流の版画家の道を歩み始めた山本は、卒業後に美術文芸雑誌『方寸』を創刊したり、若い美術家の懇談会「パンの会」を発足させたりと、美術史に爪痕を残します。


それから幾年かが経った1912年、山本はフランス・パリに飛び立ちます。 理由は当時の恋人・石井光子との縁談を、石井家から頑なに拒絶されたためといわれています。 一種の自暴自棄に陥った山本は単身で渡仏し、困窮を極める生活を送りながらも版画家としてのスキルを磨いていきます。 そして帰国した翌年の1917年、山本は「パンの会」で関係を深めていた歌人・北原白秋の妹・家子と結婚します。


帰国後は「日本創作版画協会」を設立して版画の素晴らしさを世に発信し、またその一方で児童に自由に絵描きを楽しんでもらうための“自由画教育運動”を提唱します。 このように1人の美術家として後世に語り継がれる名作を手がけつつ、次世代を担う若い人たちのために働いた山本ですが、1946年に行われた腸捻転の手術後、間もなくして逝去しました。


山本鼎の代表作と作風

彼の代表作は、やはりその名を全国的に広めるきっかけとなった版画『漁夫』でしょう。 漁師の生活感あふれるリアルな姿を見事に描写している点はもちろんのこと、3種の技法を1人で用いて創作した点が高く評価されています。 当時の版画は、絵を描く「絵師」、版を彫る「彫師」、そして刷る「摺師」の3人が共同して作り上げるのが一般的でした。しかし山本はそれぞれの役割を1人で担当し、この作品を完成させたのです。

版画としてはこのほかにも『ブルトンヌ』などがあり、ほかに油彩画として描かれた『サーニャ』などが代表作として挙げられます。山本の油彩画はモデルや題材のありのままの姿を忠実にとらえた作風で、繊細な筆遣い、色遣いが印象的です。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る