唐寅(トウイン)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により唐寅の作品を買取いたします!

唐寅(トウイン)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

唐寅掛軸

唐寅(とういん) 1470年-1523年


中国蘇州の出身で明代に活躍した文人で、書画に巧みと言われた人物です。

祝允明・文徴明・徐禎卿と並んで呉中の四才と呼ばれていました。 唐解元とも呼ばれていますが、他の三人とは異なり、官職につく事が出来なかったそうです。

幼少から利発であった為、早くから教育を受ける事ができています。
絵を沈周より学んでいますが、早熟型であった事から人々の注目を集めるていたそうです。 10歳年上の祝允明が自ら交際を申し出る程だっと言われています。 祝允明は飲む打つ買うの道楽者で突飛な性格ですが、生涯に渡る親友となっています。

文徴明とも14歳ほどから交友があり、享楽型の唐寅とは対照的な真面目な性格でしたが、逆にウマがあって文徴明とも生涯交友を続けています。

青年期になり、科挙受験のため勉学に励まなければいけないけれど、元来享楽者の唐寅は全く身を入れて勉強する事が出来なかったそうです。 その様子を見かねた祝允明が説教をした事で、一念発起し一心不乱に勉強に取り組んでいます。

結果、1498年の唐寅29歳の時に、南京で行われた郷試にトップ合格しています。 郷試をトップで合格した人はは解元と呼ばれていた為、唐解元という呼び名もここから来ているそうです。 高級官僚への道が開かれたかに思えたのですが、カンニングの疑いを掛けられ投獄されています。

その結果、科挙の受験資格をうしなってしまい官僚になる機会も奪われています。 一説には、受験生の都穆という人物が嫉妬の為、あらぬ事を関係筋に吹き込んだとも言われています。

しかし当時の中国は、経済が発展していた時代で官僚の職に就かなくても生活する事が出来た為、 唐寅は自ら描いた絵や書を売りながら生計を立てたそうです。
高い技術と、自由奔放な人物ぶりから、唐寅の名声は非常に高く、飛ぶように売れたと言われています。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る