王一亭(オウイッテイ)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により王一亭の作品を買取いたします!

王一亭(オウイッテイ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

王一亭掛軸

王一亭(おういってい)1867年-1937年

王一亭とは清末民初から中華民国の始まりまで活躍した書画家です。

王一亭は書画家として有名な事はもちろんの事、他にも実業家、政治家、銀行家など様々な一面があり、中国同盟会にも参加した革命派の人物としても知られています。 日本に多くの偉人を持ち、関東大震災の時にいち早く上海での救援活動を開始した事も有名ですね。


そんな王一亭ですが、画家としても優れた業績を残しており、山水画、自然、人物、花鳥、仏教などのあらゆる題材を得意とし、特に仏像画を好み描いていました。
作品の特徴は、縦長に書かれた絵で人物や動物などの表情が読み取りやすくなっています。
古い因習にとらわれない画風で、意欲的な表現の作品を数多く描いてきた、様々な顔を持つ王一亭はどのような人生を送ってきたのかを紹介します。



王一亭の歴史

王一亭は1867年、浙江省呉興に生まれました。
若くして外国語を学び、商業界で着実に成果をあげ、海運業務で経理まで昇進、この頃から実業家として活躍していたと伝えられています。

その後も数々の業績を残し実業家として活躍していった王一亭ですが、書画への関心が深まっていき、呉昌碩など同時期に活躍していた有名な画家達から画を学んでいきました。
なかでも、呉昌碩とは師であり親しい友人でもあったといわれています。

王一亭の呉昌碩の作品模写は呉昌碩本人も認めるほどで、呉昌碩が落款したこともあると伝えられています。
その技能から、呉昌碩が注文に応じられない時は代作したという話も残されているのです。

こうして画を極めていった王一亭は上海昌明芸術専門学校校長にも任命されることとなりました。
晩年にはほとんど毎日仏像画を好んで描き、他にも上海で中国仏教会を設立し、書画の世界でも活躍していったと伝えられています。

王一亭の作品は、商売を通じて日本に多くの友人がいたため、多くの作品が日本に残っていて、日本との関りがとても深い書画家の一人なのです。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る