徐渭(ジョイ)の買取ならお任せください!!
確かな鑑定力により徐渭の作品を買取いたします!

徐渭(ジョイ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

徐渭掛軸

徐渭(じょい) 1521年~1593年


中国明代の文人で、現在の紹興市柯橋区に1521年に産まれました。


書・画以外にも、詩、詞、戯曲・散文など多方面で活躍した作家で、その作風は後に多大な影響を与えたと言われています。


様々な雅号・室号を持つ事でも有名で、「諱は渭。字をはじめ文清、のちに文長と改めた。天地・青藤・田水月・天池漱生・天池山人・海柳仏・山陰布衣など多くの遍歴があります。

徐渭の実父である徐?(じょそう)は四川?州府(きしゅうふ)の知事を務めた事もある人物です。

徐渭は父と家政婦との間に生まれた子で、他に正妻の子である二人の兄がいましたが、徐渭が生まれた時には正妻は亡くなっていました。
生後100日目で父が病死し後妻だった苗氏が徐渭を育てたと言われています。


徐渭は6歳の時からエリート教育を受けて育ち、経学をはじめ八股文・古琴・琴曲・剣術などを学んでいます。

14歳の時に育ての母である後妻の苗氏が亡くなり、精神的な支えを失ったとされています。
20歳になって童試に合格し秀才となった徐渭は、その後20年の間に8回、科挙の中の地方試験に臨みましたが、1度も合格する事はありませんでした。


その間沢山の師友や学友が出来『越中十子』と称されたと言い、その中には画家の「陳鶴」や後に泰州知事になった「朱公節」などがいます。


20代はじめには潘氏と結婚し、長男をもうけています。
25歳のときに兄が急死し、その直後には19歳となる妻が亡くなっています。

科挙の地方試験に受からず役人になる事が出来なかった徐渭は、やむなく今で言う個人塾を経営しましたが、生活は貧窮。

その後友人を頼り各地を転々とする内に、倭寇の討伐軍に参加し戦果を挙げた事で認められ生活が一変。

高級官僚の私設秘書として迎えられます。徐渭の文才を一早く見抜いた上官の命により、様々な代筆をしています。

1560年に制作した「鎮海楼記」が高く評価され、褒賞を得るまでになりました。

しかし、徐渭を可愛がっていた上官が不正事件により失脚すると共に、後ろ盾を失った徐渭は次第に困窮していきます。
それに伴い精神が不安定となり、2年間で9回の自殺未遂を図りました。1566年妻である張氏を殺害。7年の獄中生活をっています。

その後自伝『畸譜』を書き上げると、その年に没しました。享年73歳。

【書跡】

  • ・「論書法巻」1592年・北京故宮博物院

【花卉雑画】

  • 「寒林四友図」1570年・ベルリン東アジア美術館
  • 「花卉図巻」1575年・東京国立博物館
  • 「墨花図巻」(十六種花図巻)1577年・北京故宮博物院
  • 「雑画巻」11段1580年・上海博物館
  • 「山水人物花卉冊」1588年・北京故宮博物院
  • 「墨花十二段巻」1591年・北京故宮博物院
  • 「花卉雑画巻」4段1591年・泉屋博古館
  • 「花卉図巻」8段1591年・黒川古文化研究所
  • 「花卉図巻」8段1592年・上海博物館
  • 「花卉雑画図巻」8段1592年・栄宝斎[8]
  • 「墨花九段巻」1592年・北京故宮博物院
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る