傅抱石(フホウセキ)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により傅抱石の作品を買取いたします!

傅抱石(フホウセキ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

傅抱石掛軸

傅抱石(ふほうせき) 1904年-1965年


近代中国を代表する画家であり、傅抱石であり、美術史家として知られています。

江西南昌出身で、手工業社の家に生れています。
江西省立第一師範学校を卒業すると、小中学校で工芸・美術・音楽の教師として働いていたそうです。

徐悲鴻のすすめで、昭和9年に帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)に留学し彫塑と美術史を勉強しています。
同じころ、横山大観や竹内栖鳳の画を研究しており、その技法習得に努めたと言われています。

帰国後に徐悲鴻の推薦で、中央大学美術史教育学科教授に就任しましたが、戦火が激しくなり各地を転々する様になっています。

1947年に中国上海で行われた、傅抱石教授画展では郭沫若達からの高い評価を得ています。
中華人民共和国が建国された後には、南京師範学院美術家の教授に就任。 のち中国美術家協会副主席や、江蘇省中国画院・院長などを歴任しています。

江蘇省中国画院院長の任命を受け、関山月と一緒に人民大会堂で巨幅山水画の江水如此多嬌を製作しています。

傅抱石の作品の特徴は、軽快な筆致で、山水を得意としています。また人物画にも優れています。
山水画は、泉滝や霧雨の風景が多く描かれています。 晩年の傅抱石のは、雄壮かつ強烈な現代センスで多くの作品を描いています。

傅抱石は日本に留学していた頃から多くの作品を描いていて国内でも多数作品が存在しています。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る