張大千(チョウダイセン)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により張大千の作品を買取いたします!

張大千(チョウダイセン)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

張大千掛軸

張大千(ちょうだいせん) 1899年-1983年


張大千は清朝時代1899年5月10日に四川省内江で生まれ、若い頃から伝統的な中国技法の修行を積んでいます。
中国・近代の画家である、張大千は、書、篆刻、詩の分野でも活躍した事で知らている一方で、贋作者の一人としても広く知られている人物です。

19歳(1917年)の時に日本の京都にある京都芸術専門学校で3年間染色を学ぶため留学して、その後の1920~1930年代に開いた上海での個展にて広く認められ、「南に張あり」とまで称えられました。
1931年には「唐宋元明中国画展」の代表として日本へ短期訪問しており、留学の件もあり日本とも深い縁のある中国作家です。

1933年に中央芸術専攻教授に就任し、1936年には上海中華書局が「張大千画集」を出版しました。
この「張大千画集」の中で「徐悲鴻が序」を書き、500年に1人の画家として高い賛辞をもらいました。

1940年からは壁画の模写にも取り組んでおり、敦煌莫高窟における最初の模写を行ったのは、張大千であるとされています。
1948年には香港に移り住み、以降はブラジル、アメリカなどを転々と20年以上もの期間を海外で過ごし、当時流行していた印象派や立体派などの西洋技法を取り入れた中国画を制作していました。

この20年物期間にニューヨークや台湾をはじめとした、様々な国で賞を受賞しています。
1983年に心臓病により生涯を終えた後も、遺族により四合院式の住居が、台湾の国立故宮博物館に寄贈され、張大千紀念館として一般公開されています。

張大千の作品は現在、非常に高値で取引されています。 2011年香港蘇富比拍売公司(サザビーズ)主催のオークションにて当時の日本円にして約20億円もの金額で張大千の作品は落札されており、他にも様々なオークションにて高額落札されています。


【経歴】

  • 1899年…四川省内江に生まれる
  • 1917年…京都芸術専門学校へ留学
  • 1933年…中央大学芸術専攻教授就任
  • 1936年…「張大千画集」出版
  • 1942年…敦煌の莫高窟の壁画模写の完成
  • 1948年…香港へ移住院
  • 1951年…アルゼンチンへ移住
  • 1953年…ブラジルへ移住
  • 1957年…ニューヨーク国際芸術学会で金賞受賞
  • 1974年…カリフォルニア州太平洋大学名誉人文博士号授与
  • 1978年…台湾へ移住
  • 1982年…中正勲章受章
  • 1983年…没年
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る