陳洪綬(チンコウジュ)の買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により陳洪綬の作品であれば高価買取いたします!

陳洪綬(チンコウジュ)の中国書法、書画の買取なら日晃堂にお任せください!高価買取いたします!

陳洪綬掛軸

陳洪綬(ちんこうじゅ) 1598年~1652年


陳洪綬は高官の家に生まれ、早い時期から画の才能を発揮したと言われています。
有名なエピソードとしては、幼い頃に岳父の家の壁に関羽象を描き、人々を驚かせたというものです。

早くに父が亡くなると兄との間で遺産相続問題が生じ、14歳になった陳洪綬は、家元を離れ画を売って暮らす様になっています。

その後、劉宗周や黄道周らと親友となった陳洪綬は、強い愛国心を持つようになり、貧しい民衆への慈しみを持つようになったと言われています。

1617年に諸生となっていますが、科挙に合格できずにいたそうです。
陳洪綬の画名が高まってきた頃の1642年に奨学金を受け、国立大学となっています。

しかし、画工として扱われる事を嫌った陳洪綬は、翌年に退職し、帰郷しています。

帰郷後、清軍が郷里に侵攻して来た為、僧籍となり、紹興の徐渭の旧宅に身を寄せたそうです。

順次9年にやっと故郷に戻る事が出来たのですが、同年に生涯を終えています。
最後は、念仏を唱えながら結跏趺坐のまま絶命したといいます。

陳洪綬の学問・芸術に対し、常に真面目で厳格であったそうですが、無頼な性格で、酒と女性には目がなかった様です。
生涯を通し、富や名誉員に屈服する事はなく、文人としてのプライドを貫いた人物としても知られています。

画は、山水画・花鳥画・人物画を得意としており、版画の下絵等も書かれております。 水滸伝の挿絵用として作成された「水滸葉子」は挿絵版画の最高傑作とされています。
陳洪綬の画業は、後の中国画士にも大きな影響を与えたと言われています。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る