濱田庄司の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

濱田庄司(はまだ・しょうじ)1894年–1978年

濱田庄司は昭和期の陶芸界を牽引した、代表的な陶芸家の1人です。
1954年の文化財保護法改正後、第1回の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。その後も紫綬褒章や文化勲章などを受章。輝かしい功績を残しました。 また、作陶活動に力を注ぐ一方で、柳宗悦や河井寛次郎たちとともに民芸運動(日用品に“用の美”を見出し、普及する活動)を起こした人物でもあります。

そんな庄司は、釉薬を巧みに使った作陶を得意としていました。 陶磁器のデザインそのものはシンプルな作品が多いものの、使用する釉薬の種類や釉薬の掛け方により、味わい深い文様を生み出します。中でも、主に湯呑に施されていた「黍文(きびもん)」が代表的で、現代においても高い評価を得ています。

濱田庄司の詳細を見る

“日用の美”の普及に尽力した昭和の名陶工

1894年、神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市)で生まれた濱田庄司は、1913年に東京高等工業学校(現在の東京工業大学)窯業科に入学。板谷波山に師事し、作陶の基礎を学びました。
卒業後は河井寛次郎と釉薬の研究に明け暮れつつ、その傍らで富本憲吉や柳宗悦、バーナード・リーチなど多くの陶芸家との親交を深めます。 そんな中、庄司はリーチからの誘いを受け、1920年に渡英。リーチの助手として約3年半、現地で作陶活動を続けました。その後、1923年にロンドンで初の個展を開催。見事に成功を収め、最高の形で留学生活を締めくくりました。

帰国後、一時は沖縄に築窯して活動するものの、最終的には栃木県益子町に落ち着き、そこで本格的に益子焼の作陶を開始します。
また1926年、柳宗悦の呼びかけにより、民芸運動を展開。当時の美術界には浸透していなかった“用の美”の普及に務めました。 その後、民芸陶器が徐々に評価されるようになり、1955年には重要無形文化財保持者に認定されました。さらに、1964年に紫綬褒章、1968年に文化勲章を受章。美術界を牽引する存在として、晩年まで精力的に活動を続けました。

略歴
1894年
神奈川県川崎市に長男として誕生
1918年
東京で個展を開催していたバーナードリーチと親交を深める
1920年
バーナードリーチに誘われ渡英。ロンドンにて初個展を開催
1924年
帰国後作陶を始める
1931年
登り窯を築窯し、世界の雑器の研究に勤しむ
1955年
重要無形文化財認定を受ける
1978年
死去

濱田庄司の代表作

  • 「塩釉花文角瓶」

    塩釉を用いて焼成された代表作。 塩釉はもともとヨーロッパで用いられていた技法であり、窯が最高温度に達した際に火口から塩を流し込むというものです。これにより、陶土に含まれるケイ素と塩に含まれているナトリウムが化学反応を起こし、ガラス状の物質が生成。陶器の表面にコーティングしたかのように付着します。
    本場では陶器の強度を上げるために用いられていましたが、庄司はこれを一種の模様として扱い、優美な作品をいくつも制作しました。本作品もそのひとつです。

  • 「柿釉青流描角鉢」

    濱田庄司を代表する「柿釉」「流し掛け」を用いて作られた作品。
    柿釉は庄司が試行錯誤の末に編み出した独自の釉薬で、柿に似た鮮やかな橙色を発色することから名付けられました。 一方の流し掛けは、イギリス留学中に触れた「スリップウェア技法」から着想を得た技法です。 本来はスリップ(泥状の土)と筆を使って描く技法ですが、これをもとに柄杓で釉薬を流して装飾するという斬新な技法を生み出しました。 本作品は、そんな柿釉独特の鮮やかな色彩と、流し掛けによる独特の文様が融合した逸品です。
    その他、「赤絵丸文急須」「藍塩釉櫛目鉢」などが代表作として知られています。

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 濱田庄司作 鐡絵扁壷

    出張買取

    濱田庄司作 鐡絵扁壷

    新潟県南魚沼市 50代男性

    新潟県南魚沼市にお住いのお客様より、濱田庄司作鐡絵扁壷をお買取りさせていただきました。濱田は陶磁器をつくるのにあたって田舎で自然に囲まれる農村での暮らしをしたそうです。そういった環境で作陶した風景というものを作品の鉄絵から感じる事ができますね。

  • 濱田庄司作 鐡繪茶碗

    宅配買取

    濱田庄司作 鐡繪茶碗

    栃木県日光市 40代女性

    栃木県日光市にお住いのお客様より濱田庄司作鐡繪茶碗をお買取りしました。濱田の作品には鉄絵が多く見受けられますが、これは作陶場が益子であることと関係しています。河井には益子に行くと辰砂が使えない(益子の陶土では美しく発色しない)と言われ、それに濱田は「鉄絵があるから」と返したそうです。

  • 濱田庄司作 白釉黒流描角扁壷

    出張買取

    濱田庄司作 白釉黒流描角扁壷

    秋田県にかほ市 70代男性

    秋田県にかほ市にお住いのお客様より濱田庄司作白釉黒流描角扁壷をお買取りしました。黒流描は濱田が文化勲章を受章した後に数多くの陶工が行った「流しがけ」技法です。手柄杓を持ち手を掲げた状態で黒流をたらすように一筆書きのように描写を行います。こちらのお品物も濱田庄司ならではの躍動感ある魅力的な文様となっています。

  • 濱田庄司作 白釉紋打水差

    出張買取

    濱田庄司作 白釉紋打水差

    福岡県糸島市 50代男性

    福岡県糸島市にお住いのお客様より濱田庄司作白釉紋打水差をお買取りしました。濱田庄司は現代の日本陶芸界において多大な影響を与えたうちのひとりです。イギリスにて陶芸を学んだ濱田の視野はとても広いものでした。そんな濱田の今回お買取りさせて頂いたお品物はとても状態のいいものでした。共箱の底に少し割れが見受けられその分価値が少し下がってしまいますが、しっかりと価格を提示させていただきました。

→
←

お客様の声

  • 濱田庄司作 黒釉錆流描皿
    出張買取|愛知県新城市 60代男性

    骨董品を集める趣味があり、家内に邪魔扱いされてしまったため渋々手放すことになりました。どうせなら欲しい人の手に渡って欲しいと思い、ネットで見かけた事があった日晃堂さんにお願いしてみました。こういったとこを利用したことがなかったので心配もありましたが、問合せも来て頂いた査定員の方もとても印象の良い方ばかりで気持ちよく利用することができました。

  • 濱田庄司作 鉄絵・黒釉 湯呑
    出張買取|茨城県古河市 70代女性

    濱田さんの作品は好きでずっと集めてきました。しかし私ももう歳なため、何点かは友人に譲ったりもしたのですが結構な数があり、管理するのも難しく整理することに決めました。そこで知人から聞いたことのあった日晃堂さんを息子に頼んで調べてもらい、来ていただきました。ひとつひとつ丁寧に見て頂けて安心してお任せすることができました。お世話になりました。

  • 濱田庄司作 黒釉盛絵水指
    出張買取|福井県敦賀市 30代男性

    祖母の蔵の片づけを手伝いに行った際に見つけたものでした。高そうなものだなと思って見ていたのですが、欲しいなら持って行ってもいいと言われてそのまま持ち帰ることに。気になって前に利用した事があった日晃堂さんに見てもらったところ、案の定有名な作家の方の作品でした。一応祖母に確認を取って買取って頂きました。祖母と家族と何か美味しいものでも食べに行きたいと思います。

  • 濱田庄司作 焼締釉描鉢
    出張買取|東京都府中市 40代女性

    父親の遺品整理のためにこちらを利用させていただきました。父が茶道具など集める趣味があり、結構な種類あったのですが、どれも丁寧に見て頂けてとても嬉しかったです。中には価値のあるものもあったようで日晃堂さんに任せてよかったです。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る