田村耕一の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

田村耕一について

田村耕一

雛人形師である田村林次の次男として佐野市に生まれた田村は東京の美術学校で工芸科図案部を卒業後大阪にて楽焼を学び、その後兵役につきました。そして戦後、京都の松風研究所に入所して本格的に陶磁器の研究をし始めたのです。作陶し、受賞をし続ける田村はこの間に酸化鉄を用いて表現する鉄絵を開発することに成功し、銅彩という枠を広げて創造性豊かな作品展開をしていきました。

当時の陶芸界においても田村は若い陶工の中でも群を抜いており、大匠の座まで駆け上がっていったとされています。 日本陶磁協会賞を受賞しており、第一回には清水卯一と加藤嶺男、熊倉順吉からでしたが、第二回では田村耕一を全委員が推挙したそうです。 実用を旨とする陶磁器品ですが、下手に立派に見せたものではなく、すこやかな美しさに輝いた立派な作品だと、田村の作品は様々な人物から評価を得ていました。

略歴
1918年
栃木県の佐野市にて雛人形師の田村林次の次男として誕生
1941年
東京芸術大学の工芸科図案部を卒業
1946年
松風研究所にデザイナーとして勤務、同所の顧問をしていた富本憲吉に師事する
1948年
栃木の芸術賞にて受賞し審査員だった濱田庄司にその技量を認められる
1957年
日本陶磁協会賞受賞
1976年
日本陶磁協会賞金賞受賞
1986年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1987年
逝去

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る