加守田章二の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

加守田章二について

加守田章二

髭がトレードマークで、異色の作家としてその名を陶芸界に刻んだのが加守田章二です。大阪の岸和田生まれの加守田は高校の時代から美術の才能を発揮しており、京都美大へと進学しました。京都美大では陶工として有名な富本憲吉の元、陶芸を学びました。日本伝統工芸展へ出品した加守田の作品は富本調であるもののそれは奈良時代に焼かれた須恵器に近いもので加守田は古典を追っていたといいます。「原始人は穴のまわりの土が燃えて成形したとこに始まるのだから、やきものの生命は内側の空間にある」という持論を持ち、外見ばかりに捕らわれず本来のやきものを見出そうとしました。

1960年には個展を開催しており、その翌年に日本工芸展に出展した作品は初入選、日本陶磁協会賞や1967年には高村光太郎賞など様々な賞を受けています。それ以降にも奇抜な陶工だった加守田の作品は世界的にも人気の高い作品が多く、その種類はぐい吞みなどの小物から灰皿など多岐に渡ります。

略歴
1933年
大阪岸和田にて誕生
1950年
油彩でホルベイン賞を受賞
1952年
京都美大で工芸科陶磁器専攻して入学。この時京都美大では富本憲吉、近藤悠三らが指導していた
1956年
日立製作所に入社し、大甕陶苑技術員として作陶を始める
1967年
試作用の土を岩手から持ち帰る
1969年
岩手県に築窯
1974年
藝術選奨新人賞を受賞
1983年
逝去

加守田章二の代表作

  • 一九七七

    青、黒、茶という色から構成されていて現代陶芸イメージそのもの。他にも壺もこの組み合わせで構成されたものがある

  • 彩色茶碗

    濃紺や濃緑を使いつつ白や緑と言った明るい色が使われており、軽やかなリズムを感じる事が出来る作品

  • 湯碗

    丸みを帯びた可愛らしい形状の湯碗に透明感のある釉で彩色が施されており、加守田ならではの作風になっている

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる3つの買取方法

骨董品買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る