【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

徳岡神泉(とくおかしんせん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

徳岡神泉
1896年 - 1972年
日本画買取

徳岡神泉(とくおかしんせん)1896年–1972年

日本画

徳岡神泉は大正・昭和に活躍した日本画家です。
緻密な写生を基礎とする伝統的な日本画から、やがては抽象的な表現を盛り込んだ作品を描くようになり、画壇で異彩を放ちました。 「花鳥風月の美しさを情緒的な筆致でたたえることこそが基本」と考えられていた中で、繊細な下塗りのうえに簡素化されたモチーフをシンプルに置く神仙の作品は論争の的になりましたが、その絵画に魅せられる人も多く、やがては「神仙様式」と呼ばれて絶賛されるに至りました。

徳岡神泉の詳細を見る

唯一無二の「神泉様式」を生み出した天才画家

1896年、徳岡神泉は京都府京都市に生まれました。
幼い頃から絵画の才能をあらわし、1910年に入学した京都市立美術工芸学校では優秀な成績を収め、将来を嘱望されます。

しかしその後、神泉は長い“挫折の時代”を過ごすことになりました。 そのきっかけになったのは、在学中から文展(文部省美術展覧会)に数々の作品を出品するものの、すべて落選の憂き目に遭ったこと。 当時、画家として認められるには文部省主催の文展(官展)で入選することが欠かせませんでした。実際に神仙の同級生たちは次々に文展に入選を果たし、プロの仲間入りをしつつありました。 しかし、神仙のみは落選を繰り返します。

1918~1925年の間、そんな状況に絶望した神泉は京都を去り、各地を転々とします。 代表作の「狂女」は、この時期に描かれました。陰鬱な心情を絵筆に託したかのような怪作です。 しかし、結婚したり京都に戻ったりする中で持ち直し、ようやく画壇に認められるようになっていきます。

1925年、第6回帝展(文展から改称)で「罌粟」が入選を果たし、以後は第7回、第8回で立て続けに高評価を得ました。 こうして浮き沈みの時代を経て認められた神泉は、抽象表現を大胆に取り込んだ「赤松」(1947年)、「仔鹿」(1961年)などの作品で論争の的になりつつも、やがて「神泉様式」という独自の画風を切り開いたとして称賛されるようになります。 1966年には文化勲章を受章。そして1972年に生涯を閉じるまで、現役で旺盛な活動を続けました。

徳岡神泉の代表作

  • 「狂女」

    中央画壇に認められず、鬱屈としていた1919年頃に描かれたとされている作品です。 神仙は当時、富士山のふもとにある岩淵村に住んでいましたが、近所に精神を病んだ物乞いの女性がいるのを見て絵心を刺激され、その姿を鬼気迫る緻密な筆致で描き切りました。 陰々滅々とした暗い色調の背景に、顔色がきわめて悪く眼光が異様に鋭い女性の姿が描かれています。 美しいものを見たときの感動を絵画にするという日本画の基本姿勢を捨て去り、精神の迷宮をとことん突き進もうとする迫力に満ちた異様な傑作です。

  • 「後苑雨後」

    淡い色調の下塗りを丹念に行ったうえで、牡丹の花と1羽の鳩を繊細な筆致で描いています。 1927年、日本画家として復活を遂げた時期に描かれた神仙の代表作です。 背景を淡い色合いに溶かしこみ、対象となる事物をそっと描き込むスタイルには、のちに取り入れられる抽象表現の萌芽を見て取ることもできます。
    その他、「椿」「枯葉」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。