【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

小川芋銭(おがわうせん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

小川芋銭
1868年 - 1938年
日本画買取

小川芋銭(おがわうせん)1868年–1938年

日本画

小川芋銭は、明治から昭和にかけて活躍した画家です。
漫画や日本画など、さまざまなジャンルの絵画作品を残しています。専業の画家ではなく、農家と兼業で営んでおり、雅号である「芋銭」には「芋を買えるくらいの銭が絵で稼げれば」という思いが込められているといわれています。しかし実際のところ、芋銭の作品は高い価値を誇り、現在では贋作が多い画家のひとりとして知られています。

小川芋銭の詳細を見る

画家人生をひょうひょうと生き抜いた漫画家・日本画家

小川芋銭は、年号が明治と改まり、新時代が幕を開けた1868年に東京で生まれました。
生家は現在の茨城県に領地があった牛久藩の武家であり、芋銭は藩の江戸屋敷で誕生しています。

少年時代を新治県(現在の千葉・茨城県境)で過ごし、1880年から洋画家・本多錦吉郎のもとで絵画を学びます。25歳のときに農業を開始しますが、その頃にはすでに画家としてのキャリアがありました。 さかのぼること5年前、20歳の芋銭は東京の新聞「朝野新聞」で挿絵画家として活動していたといわれています。その後も、農業に従事しつつ「茨城日報」などで筆をとっています。

こうして、明治の世を新聞や雑誌の漫画・挿絵画家として過ごした芋銭。大正・昭和期には日本画家としての活動も本格化させます。 独自の作品世界を構築していた画家・川端龍子をはじめとする新進気鋭の画家たちとともに珊瑚会を結成。その展覧会で発表した作品が横山大観の目に留まり、日本画の革新を目指していた日本美術院の同人に迎え入れられます。 その後は中央の画壇で認められる画家として活躍。死の3年前にあたる1935年には帝国美術院の参与という要職につき、画家としての名声を得ます。 死去するまで73年の生涯を全うしました。

小川芋銭の代表作

  • 「水魅戯」

    水辺の不可思議な生き物たちに魅せられ、妖怪や魑魅魍魎のたぐいを好んだ芋銭は、1923年に水魅(すいみ=水辺の生き物たち)を描いたこの作品で高く評価されました。画面の中央で水草を担ぎ、かかげて笑顔で語らっているように見えるのはサンショウウオとカワウソ。絶妙に擬人化された2匹の水魅を中心に、たのしげな水辺の世界を豊かなイマジネーションのもとで表現しています。 現在は、茨城県近代美術館に所蔵されています。

  • 「狐隊行」

    狐の隊列がススキの野を行く姿を描いた作品です。1930年に発表されました。 童話の一場面のようなユーモラスでのどかな風景が、雑味のない清明なタッチで描かれています。まるで少年の夢がそのまま形になったかのような作品であり、見る人の心を洗うような清らかさがあります。 この作品も、茨城県近代美術館に所蔵されています。
    その他、「海島秋來」「聴秋」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたとお問い合わせ時にお伝えください。
※他のキャンペーンと併用不可です。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。