【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

松尾敏男(まつおとしお)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

松尾敏男
1926年 - 2016年
日本画買取

松尾敏男(まつおとしお)1926年–2016年

日本画

松尾敏男は、牡丹の絵で有名な長崎県出身の日本画家です。
院展同人および理事長、多摩美術大学美術学部教授、日本芸術院会員などを歴任。また、文化勲章を授与されたほか、文化功労者として顕彰された人物でもあります。 主に院展で活躍し、後期には教壇に立って後進の指導に励むなど、近代美術の発展と普及に尽力しました。 特に花鳥画を得意としていますが、一方でヨーロッパ諸国の情景を描いた作品も多く手掛けており、その表現方法や色彩豊かなタッチは多くのコレクターから高い評価を得ています。

松尾敏男の詳細を見る

院展の発展に大きく貢献した日本画家

松尾敏男は1926年、長崎県長崎市に生まれました。
学生時代、体操選手としてスポーツやトレーニングに励むものの、幼少期より絵を描くことが好きだったことから17歳で日本画家・堅山南風に師事します。ここで日本画の基礎を学び、よりいっそう絵の世界にのめり込んでいったようです。
そして1949年、長年の努力が実を結び、「埴輪」で院展への初入選を果たします。これをきっかけに、以後、院展を中心に活動。1962年に初の院展奨励賞を受賞したのち、1966年には院展日本美術院賞を受賞するなど、多くの賞を受賞します。これらの功績が認められ、1971年に院展同人、1994年に院展会員、さらには2009年、院展理事長を歴任しました。 こうして院展で目覚ましい活躍を見せる傍ら、1988年からは多摩美術大学教授として教壇に立ち、教鞭を取っています。
画家としても教育家としても近代美術を支え続けた松尾は1998年、これまでの功績が称えられて勲三等瑞宝章を受章。2000年には分化功労者に顕彰され、2012年には文化勲章を授与されています。 しかし2016年8月、肺炎によって90歳で死去。没後、従三位の位階が授けられました。

松尾敏男の代表作

  • 「貧しき人々」

    花鳥画だけではなく、世界情勢にも目を向け、作品を描いていた松尾敏男。
    本作品はそのひとつであり、インドの貧しい人々の日常が描かれています。 描かれている人物たちの表情には曇りがなく、誰一人として不満を感じているような印象は受けません。「豊かな環境で生きる日本人のほうが、実は精神的に貧しいのではないか」というメッセージがこもった作品です。

  • 「南風先生像」

    師・堅山南風を描いた作品であり、松尾が初めて描いた肖像画でもあります。 威厳のある表情で描かれていますが、その幻想的なタッチからは堅山の心優しさ、松尾の師に対する思いやりなどが伺えます。
    そのほか、「火口湖」「風薫る」などが代表作として有名です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。