【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

岩橋英遠(いわはしえいえん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

岩橋英遠
1903年 - 1999年
日本画買取

岩橋英遠(いわはしえいえん)1903年–1999年

日本画

岩橋英遠は昭和を代表する日本画家です。
人間の中に存在する「無意識」や「潜在意識」を表現する「シュルレアリスム」に影響を受けたとされており、岩橋の描く世界には抽象的かつ幻想的な作品が多く見られました。戦後は「自然」を題材にした作品を描くようになり、出身地である北海道の広大な自然をモチーフとした作品を多数発表しています。 岩橋の作品はやわらかな筆使い、あたたかみのある色使いが特徴で、日本人が好む「侘び寂び」を見事に表現しているとして各方から高い評価を得ました。

岩橋英遠の詳細を見る

「北の巨匠」と呼ばれた岩橋英遠

1903年、現在の北海道滝川市に生まれた岩橋英遠(本名は「ひでとお」と読む)。
小学校を卒業後、農業を手伝いながら独学で油絵を始めました。21歳で上京し、山水画や風景画を得意とする山内多門の画塾に入会し、本格的に画家としての道を歩み始めます。

しかし、山内は1932年に他界。しばらく師がいない状態が続いた岩橋ですが、日本有数の日本画展覧会「院展」に出品を続け、1934年に『新宿うら』が院展初入選しました。 1937年には、歴史を題材とした日本画を得意とする安田靫彦を師とし、靫彦の門下生が集う「火曜会」に入会。日本画の新時代を築き上げるメンバーの一員として作品づくりに没頭し、数々の名作を発表しました。

1950年、1951年と2年連続で院展大観賞を受賞すると、1953年には日本美術院の経営責任、公募作品の審査、賞の決定などを担う「同人」に推挙されます。 1958年、東京藝術大学の講師に就任。日本画の指導を行いながら、自身の制作活動も平行し、第44回院展に出品した『蝕』は、文部大臣賞を受賞しました。

1979年には勲四等旭日小綬章を受章。 そして日本芸術院会員、東京藝術大学名誉教授、文化功労者などを経た岩橋は1994年、ついに文化人としてもっとも名誉があるとされる文化勲章を受賞しました。 以後、96歳で他界するまで「日本を代表する日本画家」として生き続けた岩橋英遠。その作品は現在でも多くの人に愛され、各地で展覧会などが開かれています。

岩橋英遠の代表作

  • 「道産子追憶之巻」

    全長29メートルに及ぶ超大作です。北海道の四季を表現したもので、北国の短い春と夏、そして赤とんぼが舞う秋、長い冬を圧倒的なスケールで表現しています。 岩橋英遠の作品の中でも最も人気が高く、複製も多く作成されています。

  • 「彩雲」

    巨大な魚のようにも見える大きな雲を、一面に描いています。 世界中のどんな場所にいても空を見上げれば見ることのできる「雲」。見る人によって作品に対する印象が変わる情緒あふれる作品として、評価を得ています。
    その他、「庭石」「土」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。