【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

石本正(いしもとしょう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

石本正
1920年 - 2015年
日本画買取

石本正(いしもとしょう)1920年–2015年

日本画

石本正は、激動の昭和から平成時代に数多くの名作を残した日本画家です。
少女や裸婦などの女性画を得意とし、心情までもリアルに描く画家として大きな注目を浴びました。そんな石本ですが、対象となるモデルは人物だけにとどまることなく、風景、動物、植物と多岐にわたりました。 石本の原動力は「自分が描きたいものを描く」ということであったため、作風が変わることもしばしば。固定観念にとらわれることなく「美」を追求し続けた画家として評価されています。 また多くの作品が名誉ある賞を受賞しましたが、1971年以降はすべての賞を辞退。95歳で亡くなるまで名誉や地位を求めず、純粋に絵を描くことを愛し続けました。

石本正の詳細を見る

「リアリティー」を追求した日本有数の日本画家

1920年7月3日、現在の島根県浜田市に生まれた石本正。
20歳の頃、京都市立絵画専門学校日本画家予科に入学しました。 しかし学校の教育方針や教育に賛同できなかった石本はあまり学校に行かず、のちに画家となった同級生の三上誠とさまざまな場所でスケッチに明け暮れていたというエピソードが残っています。

1942年、在学中に徴兵された石本は専門学校を繰り上げ卒業して中国に渡り、1945年帰国。終戦後は拠点を京都とし、作品づくりに没頭しました。 1947年、第3回日本美術展覧会に「三人の少女」が初入選したことで、画家としての道が開きました。 1948年には第4回京都市美術展に「風景」を出品し、京展賞第一席を受賞。さらに1949年には京都市立美術専門学校の助手に、翌年には京都市立美術大学の助手となります。また石本は、当時大学助教授だった秋野不矩に勧められ第3回創造美術展に「五条坂」「踊子」を出品し、入選を果たしました。

1959年には石本正、加山又造、横山操といった日本画家が「大作を生み出す研究会のような場所」として「村越画廊」を発足。このとき石本は「横臥舞妓」を発表し、大きな注目を浴びました。

こうして日本画界を牽引する存在となった石本でしたが、1971年にすべての賞を辞退。以後は美術学校の教授として、未来の画家の育成に勤しみました。また、自身の出身地に美術館を開館し、各地で展覧会を開催するなど「発信する側」として活躍しながらも、「自分が描きたいもの」を描き続けました。

石本正の代表作

  • 「三人の少女」

    石本が画家としてその名を広めるきっかけとなった作品です。
    この作品を描いていた頃、石本はルネサンス期に活躍した画家ボッティチェリに憧れ、インスピレーションを受けていました。この作品もそのうちの一つとされています。

  • 「横臥舞妓」

    舞妓といえば、白塗りの化粧に美しい着物をまとっている姿を連想しますが、石本はその「着物」と「化粧」を排除し、裸の状態で横たわる舞妓を描きました。 世の中に衝撃を与えましたが、女性たちの飾り気のない表情を最大限に表現しているとして評価されました。
    その他、「高原」「母子」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。